ブログトップ

野菜ソムリエコミュニティ 札幌

vfcsapporo.exblog.jp

8月20日 自然栽培の「ファーム伊達家」さん訪問

おじゃました日は絶好の畑日和

前々から行きたかったファーム伊達家さん、札幌の豊滝にある自然栽培の農家さんです。今回は伊達さん企画の「畑見学&ズッキーニランチ」に相乗りして、コミュニティメンバー4名でおじゃましました。私の市内の菜園も無農薬で作っていますが、「無肥料・無農薬」の自然栽培の畑は初めての見学なのでずっと楽しみにしていました。お天気は最高で豊滝の山並みからさわやかな風が吹き絶好の見学日和。

伊達さんの畑は札幌都心から20km、国道
230号から定山渓に向かって左手の丘陵を車で数分登ったところ。7反あるという畑では300株近くのズッキーニやかぼちゃ他の実物、小松菜などの葉物、大根などの根菜併せて30品目程度作られているようです。


★ズッキーニの栽培

ズッキーニ畑には収穫真っ最中のズッキーニ達が肥料、農薬の入っていない豊滝の自然の中で居心地良く出番を待っているようでした。

毎年、畑の同じ場所にズッキーニを植付けるため、雪が降る前に棒を立て目印にするそう。前年収穫後の茎葉を耕耘機ですき込み肥やしとします。自然栽培では化学肥料を使わないので連作障害は気にしなくていいそうです。栽培ではマルチはせず、水やりもしないとのこと。本当に自然任せの栽培なんですね。

d0122394_15212715.jpg
★自家採種

自然栽培の野菜は、肥料も農薬も使わないで育てた種から作るので、伊達さんの畑では豊滝で就農した13年前から種は殆ど自家採種しています。種採りして栽培すると全然育たない年もあるので、しっかりした実から採種しなければならない。種採りを毎年続けていくことで、野菜はその畑に順応して変わっていくそうです。写真の大きなズッキーニは種採り用のため、完熟まで収穫しないで置いておきます。

 

d0122394_15233073.jpg

トマトのハウス

トマトは土地の水位が高いせいか、今のところうまくいっていないそう。 

d0122394_15243713.jpg

★キュウリの畑  

d0122394_15253850.jpg

★種採り用のキュウリ 

d0122394_15261914.jpg

★ナスのハウス

 

d0122394_15271821.jpg

★もともと自然栽培は普通に行われていた

化学肥料や農薬がなかった時代には、野菜は自然の中でいわゆる雑草や虫たちと共生して育てられていた。自然栽培で野菜を作っている農家さんは今では数少ないですが、その昔は自然栽培があたりまえだったんです。伊達さんも苦労されながら自然栽培をされていますが、肥料、農薬を使わないので野菜の植物としての本来の姿を見ることができるんですね。

★見学のあとは参加者でズッキーニランチ

ランチはお料理の先生、小葉松弘恵さんが作ってくださった14品のズッキーニ料理 

d0122394_15282163.jpg

ズッキーニの冷汁、ズッキーニの笹寿司、食べるズッキーニスープ豆乳仕立て、ズッキーニの自家製梅酢付け、

ズッキーニと豆腐のミルフィーユ・デュカをのせて、油揚げINズッキーニ、ズッキーニピザ、ズッキーニとくるみのドレッシングでいただく伊達家のえんどう豆入り旬野菜もりもりサラダ、ズッキーニ・お刺身昆布・ところてんのピリ辛ナムル風、ズッキーニ生地で作った伊達家の紫花豆入りガトーインビジブル、ズッキーニのコンポートはちみつ仕立て 

生ズッキーニめん、長い長い(笑)うけました。

暑かったので、ズッキーニの冷汁も大好評https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/ffc/1/16/1f44d.png👍
ズッキーニの笹寿司。
食べるズッキーニスープ豆乳仕立て。
ズッキーニと米ナスの竜田揚げ。
ズッキーニの自家製梅酢付け。
ズッキーニと豆腐のミルフィーユ・デュカをのせて。
油揚げINズッキーニ。(伊丹さんの三角あげ)
ズッキーニピザ(米粉と豆腐生地)
ズッキーニとくるみのドレッシングでいただく
伊達家のえんどう豆入り旬野菜もりもりサラダ。
ズッキーニ・お刺身昆布・ところてんのピリ辛ナムル風。
ズッキーニ生地で作った伊達家の紫花豆入りガトーインビジブル。
ズッキーニのコンポートはちみつ仕立てそして、生ズッキーニ麺 ズッキーニを細長く切ったパスタのようでした。 

d0122394_15292699.jpg

もう一品 ズッキーニと米ナスの竜田揚げ ズッキーニとは思えない食感でした。

d0122394_15301552.jpg
★CSAでの販売

伊達さんが栽培した野菜たちは、CSA(
Community SupportedAgriculture:コミュニティで支える農業)という会員制の販売方法で、収穫した野菜を全て会員の方に分配しています。伊達さんの野菜のファン(会員さん)は昨年度67軒だったそうです。

(投稿:役員 高橋淳一)



[PR]
by vfc-sapporo | 2017-08-20 15:48 | 活動報告 | Comments(0)
<< 【8/26イベント案内】ルスツ... 「家庭菜園始めませんか」第4回... >>