ブログトップ

野菜ソムリエコミュニティ 札幌

vfcsapporo.exblog.jp

【8/26イベント案内】ルスツ農家×野菜ソムリエ 直売マルシェ in チカホ

野菜大好きの皆さん、こんにちは!
野菜ソムリエコミュニティ札幌広報部の鈴木です。

夏休みボケに効く新鮮野菜のマルシェのご案内です!

今週末、8/26(土)午後、札幌チカホにて、ルスツ農家さん×野菜ソムリエのコラボ企画、「ルスツ野菜直売マルシェ」を開催します!

羊蹄山が育んだ肥沃な大地の留寿都村。そこで野菜を作る若き2軒の農家さんをお招きし、新じゃが、塩トマト、朝採れスイートコーンや、朝採れ新鮮野菜を直売します

野菜の事前予約や、後日発送のご注文、SNSフォローでもれなく野菜1つプレゼントの特典もありますよ!

d0122394_11311647.jpg

【イベント詳細】
日時: 8月26日(土)13:00~17:00
場所: 札幌駅前通地下広場「チカホ」6番出口降りてすぐ

参加農家: 
 よしかわファーム じゃがいも、大豆、スイートコーン等を生産
 石崎農園      留寿都村唯一の塩トマト生産農家さん

出品商品:
 新じゃが3種(北海道安心ラベル「Yes Clean!」取得商品)
  キタアカリ、とうや、レッドアンデス
 朝採れスイートコーン(恵味)
 塩トマト
 朝採れ野菜
  ミニトマト、青首大根、にんじん、サラダ白菜
  ブロッコリー、ほうれん草、レタス、キャベツ
d0122394_11315023.jpg

【事前予約承ります!】
 事前に予約して当日マルシェで受け取れば、売り切れで悔しい思いなんてさせません。

 ・スイートコーン 10本 2,200円
 ・キタアカリ    5kg 1,000円
 ・キタアカリ   10kg 2,000円
 ・とうや      5kg 1,000円
 ・とうや     10kg 2,000円
 ・レッドアンデス  5kg 1,100円
 ・レッドアンデス 10kg 2,200円
 ・じゃが3種セット10kg 2,200円
  ※すべてに野菜1つの特典付き!

予約方法:よしかわファーム吉川巴さんのFacebookページに
    「事前予約希望」のメッセージをお送りください。

こちらのリンクからどうぞ。
     
d0122394_11314015.jpg

【他にもこんなに特典が!】
①当日、ご来店いただいて、よしかわファームさんの
 Facebook、Instagramをフォローで、野菜を1つプレゼント!

②当日、ご来店いただき、後日発送のセットご注文で、
 こちらもその場で、野菜を1つプレゼント!

③道内でも大変貴重な黒豆を若採りした枝豆(豆はまだ緑)、
 祝黒枝豆が後日発送ギフトのみで出品されます!
 これは他では買えない、影の主役商品です!

④野菜ソムリエが考案したルスツ野菜スペシャルの
 レシピカードを無料でお配りします!
 その日のお料理に困りません。

⑤11:00~12:00で、野菜ソムリエ講座無料説明会を実施!
 野菜ソムリエ資格にご興味ある方はこちらもチェック!

8月31日は「野菜の日」です。マルシェで農家さんから直接、新鮮野菜を買って、もっといっぱい野菜を楽しみましょう!

※イベント情報のお問い合わせは、本ブログへのコメントや、野菜ソムリエコミュニティ札幌Facebookページにメッセージをください。お待ちしております。

[PR]
# by vfc-sapporo | 2017-08-21 11:54 | イベント案内 | Comments(0)

8月20日 自然栽培の「ファーム伊達家」さん訪問

おじゃました日は絶好の畑日和

前々から行きたかったファーム伊達家さん、札幌の豊滝にある自然栽培の農家さんです。今回は伊達さん企画の「畑見学&ズッキーニランチ」に相乗りして、コミュニティメンバー4名でおじゃましました。私の市内の菜園も無農薬で作っていますが、「無肥料・無農薬」の自然栽培の畑は初めての見学なのでずっと楽しみにしていました。お天気は最高で豊滝の山並みからさわやかな風が吹き絶好の見学日和。

伊達さんの畑は札幌都心から20km、国道
230号から定山渓に向かって左手の丘陵を車で数分登ったところ。7反あるという畑では300株近くのズッキーニやかぼちゃ他の実物、小松菜などの葉物、大根などの根菜併せて30品目程度作られているようです。


★ズッキーニの栽培

ズッキーニ畑には収穫真っ最中のズッキーニ達が肥料、農薬の入っていない豊滝の自然の中で居心地良く出番を待っているようでした。

毎年、畑の同じ場所にズッキーニを植付けるため、雪が降る前に棒を立て目印にするそう。前年収穫後の茎葉を耕耘機ですき込み肥やしとします。自然栽培では化学肥料を使わないので連作障害は気にしなくていいそうです。栽培ではマルチはせず、水やりもしないとのこと。本当に自然任せの栽培なんですね。

d0122394_15212715.jpg
★自家採種

自然栽培の野菜は、肥料も農薬も使わないで育てた種から作るので、伊達さんの畑では豊滝で就農した13年前から種は殆ど自家採種しています。種採りして栽培すると全然育たない年もあるので、しっかりした実から採種しなければならない。種採りを毎年続けていくことで、野菜はその畑に順応して変わっていくそうです。写真の大きなズッキーニは種採り用のため、完熟まで収穫しないで置いておきます。

 

d0122394_15233073.jpg

トマトのハウス

トマトは土地の水位が高いせいか、今のところうまくいっていないそう。 

d0122394_15243713.jpg

★キュウリの畑  

d0122394_15253850.jpg

★種採り用のキュウリ 

d0122394_15261914.jpg

★ナスのハウス

 

d0122394_15271821.jpg

★もともと自然栽培は普通に行われていた

化学肥料や農薬がなかった時代には、野菜は自然の中でいわゆる雑草や虫たちと共生して育てられていた。自然栽培で野菜を作っている農家さんは今では数少ないですが、その昔は自然栽培があたりまえだったんです。伊達さんも苦労されながら自然栽培をされていますが、肥料、農薬を使わないので野菜の植物としての本来の姿を見ることができるんですね。

★見学のあとは参加者でズッキーニランチ

ランチはお料理の先生、小葉松弘恵さんが作ってくださった14品のズッキーニ料理 

d0122394_15282163.jpg

ズッキーニの冷汁、ズッキーニの笹寿司、食べるズッキーニスープ豆乳仕立て、ズッキーニの自家製梅酢付け、

ズッキーニと豆腐のミルフィーユ・デュカをのせて、油揚げINズッキーニ、ズッキーニピザ、ズッキーニとくるみのドレッシングでいただく伊達家のえんどう豆入り旬野菜もりもりサラダ、ズッキーニ・お刺身昆布・ところてんのピリ辛ナムル風、ズッキーニ生地で作った伊達家の紫花豆入りガトーインビジブル、ズッキーニのコンポートはちみつ仕立て 

生ズッキーニめん、長い長い(笑)うけました。

暑かったので、ズッキーニの冷汁も大好評https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/ffc/1/16/1f44d.png👍
ズッキーニの笹寿司。
食べるズッキーニスープ豆乳仕立て。
ズッキーニと米ナスの竜田揚げ。
ズッキーニの自家製梅酢付け。
ズッキーニと豆腐のミルフィーユ・デュカをのせて。
油揚げINズッキーニ。(伊丹さんの三角あげ)
ズッキーニピザ(米粉と豆腐生地)
ズッキーニとくるみのドレッシングでいただく
伊達家のえんどう豆入り旬野菜もりもりサラダ。
ズッキーニ・お刺身昆布・ところてんのピリ辛ナムル風。
ズッキーニ生地で作った伊達家の紫花豆入りガトーインビジブル。
ズッキーニのコンポートはちみつ仕立てそして、生ズッキーニ麺 ズッキーニを細長く切ったパスタのようでした。 

d0122394_15292699.jpg

もう一品 ズッキーニと米ナスの竜田揚げ ズッキーニとは思えない食感でした。

d0122394_15301552.jpg
★CSAでの販売

伊達さんが栽培した野菜たちは、CSA(
Community SupportedAgriculture:コミュニティで支える農業)という会員制の販売方法で、収穫した野菜を全て会員の方に分配しています。伊達さんの野菜のファン(会員さん)は昨年度67軒だったそうです。

(投稿:役員 高橋淳一)



[PR]
# by vfc-sapporo | 2017-08-20 15:48 | 活動報告 | Comments(0)

「家庭菜園始めませんか」第4回 8月19日 オクラなど収穫



オクラ、バジル、スイスチャードなど収穫しました



★畑全景

トマトの隣りはジャガイモの収穫跡。ジャガイモは早々と木が枯れてしまったので収穫は終わっています。トマト、調理用トマトは毎日、たくさん採れてます。

 

d0122394_11103501.jpg


★バジル、パクチー、スイスチャード、ビーツ

バジルは生長後、直射日光で葉が焼けて固くならないように寒冷紗で覆い育てたので、柔らかい葉を収穫できています。パクチーは茎が伸び、収穫できる葉は少なくなってきました。でも花が咲き実が付くと、それはコリアンダーシード、カレーの香辛料になるんです。スイスチャードはホウレンソウと同じアカザ科ですが、面白いのは同じ袋の種から植えたのに、茎の色が赤だったりオレンジだったり黄色だったりとカラフルなんです。ビーツは種の根出しの失敗から生長が遅れ、まだ大きな玉になっていません。


バジル    

 

d0122394_11125965.jpg

パクチー 
       
d0122394_11133458.jpg

スイスチャード
      
d0122394_11144192.jpg

ビーツ
d0122394_11153328.jpg

★ズッキーニ 今年はハチが少なくて・・・

人工授粉せずに育てているんですが、今年は蜂が少なく実の付きがよくありませんでした。来年は人工受粉しようかな・・・

     

d0122394_11165063.jpg

      
d0122394_11171337.jpg
d0122394_11173481.jpg

★落花生 子房柄が伸び、土の中で実をつける準備中

花が咲いた後に、子房がつる状に伸びた子房柄(しぼうへい)が地面に突き刺さってきています。この子房柄の先端が膨らみ実になるんです。


d0122394_11183140.jpg

 
d0122394_11191234.jpg
    

d0122394_11193377.jpg

★ゴマ 莢ができ始めました

花が咲いた後にゴマの莢ができてきています。この莢の中にゴマ粒(種)が出来始めています。


d0122394_11204230.jpg

d0122394_11210308.jpg
d0122394_11214209.jpg

★サツマイモ 芋を大きくするため「つる返し」

葉がしっかり茂りました。伸びた蔓から出る芽が地面に根を下すと、そこで芋を作り始め、大元の芋が大きくならないので根をはがす「つる返し」をしてやります。

 

d0122394_11221239.jpg

★オクラ 今年は密植で栽培

今年はたくさん収穫したいので、密植で本数を増やしました。密植することで樹勢が弱まり実も柔らかくなるようです。去年はアブラムシが大量に発生し駆除が大変でしたが、今年は大丈夫でした。

 

d0122394_11233313.jpg

   
d0122394_11241468.jpg
d0122394_11252363.jpg
  
d0122394_11254543.jpg

★ヤーコン 大きくなったでしょ 葉っぱはヤーコン茶に!

木が人の背丈を超えました。たくさんの芋が期待できそうです。葉っぱはたくさん付いているので生長に影響のない範囲で摘み取り乾燥させて、ヤーコン茶として頂きます。

   

d0122394_11263779.jpg

     
d0122394_11272472.jpg

★調理用トマト

調理用トマトの「なつのこま」は実の付く花房が主軸の
2段目までしか伸びない芯止まりタイプ。普通のトマトのように茎が伸び続けないので放任栽培でもいいんですが、支柱を立て茎や実が傷まないようにしています。

 

d0122394_11280581.jpg

★食用ホオズキ 実がたくさん!

木が大きくなり、脇芽もたくさん出て、実が数えきれないほど付き始めました。

   

d0122394_11290840.jpg

d0122394_11293675.jpg


★袋栽培

右から赤い実をつけたトマト、ジャガイモ、サツマイモ、ゴボウ、カブ

d0122394_11311888.jpg

トマト    桃太郎です。何個も実が付きました。

d0122394_11321449.jpg

ジャガイモ 木が枯れて収穫ずみです。袋が小さかったせいか1個しか採れず。畑と同じように作るのは簡単じゃないですね。
d0122394_11325481.jpg
サツマイモ 立派な葉が育ってます。
d0122394_11333380.jpg
ゴボウ これも葉は立派・・・

d0122394_11335410.jpg
カブ 美味しそうなカブが見えてます。

d0122394_11342589.jpg

                                                                        (投稿:役員 高橋淳一)



[PR]
# by vfc-sapporo | 2017-08-19 14:39 | 活動報告 | Comments(0)

「キッズ八百屋のオーガニック野菜夕市!」は大盛況!

7月21日に開催された「キッズ八百屋のオーガニック野菜夕市!」の活動をご報告します。今年もたくさんのキッズたちの笑顔があふれ、大盛り上がりでした!
d0122394_10343404.jpg

夏の恒例企画「キッズ八百屋のオーガニック夕市!」

野菜ソムリエコミュニティ札幌は、札幌の夏の風物詩、市民参加型イベント、カルチャーナイトに参加しました。今年も、オーガニックグロッサリー サラダーマンさんのご協力をいただきました。近くに住む小学生とそのご家族が集まり、八百屋さんのお仕事を体験する、「キッズ八百屋のオーガニック野菜夕市!」です。

集まってくれたキッズたちは、野菜が好きな子も、嫌いな子もいていろいろです。まずは、立派な八百屋さんになるためのお勉強です。「トマトは野菜?果物?」「トマトはどこの国で生まれたの?」「どんな色のトマトが甘いの?」講座はクイズ形式です。トマトが好きなキッズも、嫌いなキッズも真剣に学びます。

かわいいキッズ八百屋さんの登場です

お勉強の後はお揃いのエプロンと色とりどりのバンダナに着替えて、八百屋さんに変身です。サラダーマンの前のスペースには、店主伊藤さんが仕入れた新鮮なオーガニック野菜が並んでいます。キッズ八百屋さんたちは、大きい声で「いらっしゃいませー!」「トマト、美味しいですよ!」とやる気満々です。
d0122394_10345084.jpg
お客さんはまず、キッズたちのご家族です。買い物カゴにどっさり入った野菜を受け取ると、慣れない電卓を打って代金を計算します。何度も間違えながらようやく決まった金額を伝えて、お金を受け取ります。袋に入れた野菜とお釣りを渡せば、「ありがとうございました!」と見事な八百屋さんのお仕事です。他にも多くのお客さんが買い物に来てくれて、大盛り上がりの大忙しです。
d0122394_10350176.jpg

見事に八百屋さんになったキッズたち

17時から19時まで、3回にわかれて販売するキッズ八百屋さんたち。楽しい八百屋さんのお仕事の時間は、あっという間に過ぎてしまいます。もうお仕舞いですと交代の声が上がると、キッズたちはまだ続けたい様子。
d0122394_10351295.jpg

最後には、竹居田代表から「キッズ八百屋証明書」が授与されました。大仕事をやり遂げた立派な八百屋さんたちは、誇らしげな表情で受け取ります。夏の夜にちょっとだけ、八百屋のお仕事を体験したキッズたち。ほんの少しですが、大人っぽく見えました。
d0122394_10352374.jpg

野菜を好きになってくれるキッズのために

ご参加いただいたキッズにはトマト嫌いの子もいました。そんな時は、お母さんに「トマト嫌い克服レシピ」もお渡しします。「これで、ぼくもトマト食べられるようになるかな?」 そんな無邪気な一言に、コミュニティ札幌の会員たちも、準備の苦労が吹き飛びます。

キッズたちは、野菜を好きになってくれたかな。また来年も成長した姿で参加してくれるかな。そんなことを思う、楽しい夜のイベントでした。

ご協力いただいた、お店をお借りしたサラダーマンさん、運営のカルチャーナイト実行委員会さん、本当にありがとうございました。
d0122394_10380139.jpg




[PR]
# by vfc-sapporo | 2017-08-07 10:43 | 活動報告 | Comments(0)

「家庭菜園始めませんか」第3回7月23日 いろいろ収穫

お天気続きで収穫たくさん ズッキーニ、地這キュウリ、ナス・・・

7月に入ってから好天続きで30度を超える日が10日間近くもあり、野菜たちの生長は順調です。

★畑全景 

いろいろ大きくなってるでしょう!ズッキーニの隣りの枯れているのはジャガイモです。こんなに早く枯れたのはテントウムシダマシという虫に葉っぱを殆ど食べられてしまったからです。ナス科が大好きなのでナスの葉っぱも相当やられています。農薬を使っていないので葉っぱは食べられますが、ジャガイモもナスもそれなりに採れました。

   

d0122394_10282487.jpg

★葉物など 


バジル、パクチー、スイスチャード、ルッコラ、ビーツ どれも種の根出しをして播種したものです。ビーツは根出しと一緒に発芽したものも多く、畑に播種するとき芽の部分を土の上に出してやるのがうまくいかず生長しないものが多かったです。

バジル

d0122394_10293146.jpg

パクチー
d0122394_10302645.jpg

スイスチャード  

d0122394_10305695.jpg
ルッコラ
d0122394_10314655.jpg
ビーツ
d0122394_10321358.jpg
★ズッキーニ、落花生、ゴマ

ズッキーニは実をつけ、落花生は受粉して子房が伸び始め実をつける準備をしています。ゴマはきれいな花が咲き始めました。

ズッキーニ                           

d0122394_10344542.jpg

d0122394_10351356.jpg
落花生
d0122394_10354612.jpg
d0122394_10361562.jpg
ゴマ

d0122394_10364363.jpg
d0122394_10371387.jpg

★サツマイモ、オクラ、ヤーコン

サツマイモは葉が茂り、オクラは実をたくさん付け、ヤーコンは木が大きく育っています。

サツマイモ    

d0122394_10391249.jpg
オクラ  
d0122394_10393270.jpg
d0122394_10404419.jpg
ヤーコン
 
d0122394_10402345.jpg

        

★調理用トマト、食用ホオズキ

実をたくさん付けてます。昨年は雨が多く不作だったので収穫が楽しみです。


調理用トマト

  

d0122394_10430933.jpg
食用ホオズキ 
d0122394_10433774.jpg
d0122394_10463573.jpg
★袋栽培の野菜たち

前回7月9日と比べるとトマトは実を付け、カブも根(胚軸)が丸くなってきています。ジャガイモ、サツマイモ、ゴボウは葉も立派になりいい感じです。問題は芋やゴボウの根がたくさん付いているかどうかです。


トマト、ジャガイモ、サツマイモ、ゴボウ、カブ 

d0122394_10485781.jpg
トマト
d0122394_10505510.jpg
ジャガイモ
d0122394_10501654.jpg
サツマイモ
d0122394_10520517.jpg
ゴボウ
d0122394_10524087.jpg
カブ
d0122394_10530523.jpg

                  (投稿:役員 高橋淳一)

         




[PR]
# by vfc-sapporo | 2017-07-23 14:34 | 活動報告 | Comments(0)