ブログトップ

野菜ソムリエコミュニティ 札幌

vfcsapporo.exblog.jp

<   2017年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

【活動報告】8月26日開催 ルスツ朝採れ野菜を農家さんが直売「野菜の日チカホマルシェ」

少しだけ、いやかなり前のイベントですが、振り返ってご報告いたします。


野菜ソムリエコミュニティ札幌では、2017年8月26日(土)に、JR札幌駅から大通公園駅まで伸びる地下歩行空間で、留寿都村の若手農家さん
が野菜を直売する、「野菜の日チカホマルシェ」を開催いたしました。


d0122394_16482995.jpg


今年、8月31日の「ヤ・サ・イ」の日は、あいにく平日でしたので、広く一般の生活者の皆様が参加できるよう、直前の土曜日の開催になりました。参加してくださった農家さんは2軒。よしかわファームさんと、石崎農園さんです。新規就農から2年目と1年目の若い農家さんですが、熱意と作る野菜は一流です。この日は、早朝から収穫作業を始めてくださり、野菜をぎゅうぎゅうに詰め込んだ車で、昼の札幌まで来てくれました。


よしかわファームさんは、手掘りの新じゃが3種(キタアカリ、とうや、レッドアンデス)の量り売り、石崎農園さんは、岩内町の海洋深層水で育てた塩トマトと朝もぎ木なり完熟のミニトマトをメインで販売しました。他にも、スイートコーン、大根、白菜、人参、ブロッコリーなど、留寿都村の美味しい野菜も持って来てくれました。


d0122394_16494609.jpg

野菜ソムリエ側は、野菜が主役の健康料理でお馴染みの美肌ダイニングkeiの坂下シェフ、日本野菜ソムリエ協会の公認ベジフルライターで福陽ブログでご活躍中の福島さんが、ルスツ野菜を美味しく食べられるレシピを考案。レシピカードを無料配布しました。当日参加できた野菜ソムリエは、あらかじめ頭に叩き込んでおいたルスツ野菜の特徴を、いつでも説明できるようにスタンバイしています。


販売開始は、午後1時。農家さんとコミュニティのスタッフが、慌ただしく棚に野菜を並べていると、まだ開始前だというのに、ぎゅっと財布を握りしめたお客さん達がすでに待っているではありませんか。見るからに美味しそうなルスツ野菜。目の肥えたおば様生活者の皆さんにも、新鮮そのものの朝採れ野菜の特別さは伝わっているようでした。


d0122394_16485588.jpg


照れながら始めたカウントダウンのあと、販売を開始しました。きれいに並べられた野菜が、飛ぶように売れていきます。ぎこちないお会計が追いつかないほどのペースに、私たち一同、パニックになりながらも、楽しくてしょうがありません。


この日、よしかわファームさんは90kgの新じゃが、石崎農園さんは50kgのミニトマトという、ものすごい量を持って来てくれていました。「本当にこんなに売れるの?」内心、そう不安に思いながらも、農家さんが生活者さんに商品を直接紹介しながら、野菜ソムリエが野菜の品質の良さや美味しい食べ方を説明しながら、しっかり売り込みました。この日実現した、奇跡のチームワークによって、見事に全ての野菜を午後5時の終了時間までに売り切ることができました。


最終的な売上は、参加農家さんの目標を上回り、販売としても大成功のイベントになりました。でも、それと同じぐらいに、農家さんにとっては、日ごろの地道な農作業の積み重ねでできた商品を、目の前で生活者さんが喜んで買ってくれたこと。野菜ソムリエは、生活者の皆さんとフェイスtoフェイスで、日ごろから蓄えた野菜の美味しさの知識を伝えることができたこと。これは、なかなか得ることができない、本当に貴重な体験であったと思います。


d0122394_16493023.jpg


筆者の鈴木の個人的な想いですが、野菜ソムリエという資格は、持っているだけでは何もしてくれません。日ごろから新しいトレンドにアンテナを張って、どんどん農家さんや最前線で活躍される方たちとのネットワークを作って、自分を成長させておいて、今回のような機会をフル活用して外に出て生活者さんと接する。これこそが、野菜ソムリエという1つの生き方を選んだ私達らしい楽しみ方ではないでしょうか。


コミュニティ札幌の活動は、まさにこの外との接点を生み出すことを目指しています。仕事のため、趣味のため、野菜ソムリエを取得した目的は人それぞれですが、関わった多くの方たち、みんなが笑顔になって、少しだけ野菜が好きになってくれる。それだけでも、頑張って勉強して資格をとった甲斐があったというものです。


私たちコミュニティ札幌は、会員の皆さんの益々の成長と、農家さんや生活者さんの笑顔のために来期も活動してまいります。活動にご興味がある方は、ぜひ一緒に楽しんでいきましょう。






[PR]
by vfc-sapporo | 2017-11-30 16:56 | 活動報告 | Comments(0)