「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

野菜ソムリエコミュニティ 札幌

vfcsapporo.exblog.jp

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

野菜と免疫力のシンポジウム2014


皆さんこんにちは(^O^)
8期役員、増田都子です。

中秋の名月を過ぎ、秋の風が吹いていますね!
大雨で大変な思いをされた方もいらっしゃると思います。
改めましてここに心よりお見舞いを申し上げます。

私たち野菜ソムリエは『野菜と免疫力のシンポジウム』を昨年12月から温めてきました。
そして、10月11日土曜日、午前11時より開催されることになりましたことを改めましてご報告いたします!

題して

場所は、札幌市中央区北2条西7丁目、かでる2.7

3会場に分かれています。
①11:00~15:00 野菜ソムリエの伝えたい、野菜と免疫力のブース(クイズもあるよ♪)協賛企業さんのブースもあります。
②11:00~15:00 野菜ソムリエの作る、野菜スープやスムージーを提供!
③13:00~15:30 野菜と免疫力のシンポジウム会場
④として、託児施設もお借りしています。


③の会場では、よつばの会代表でタレントの原千晶さん、医師の小井戸一光さんをお招きしています。
病気にかかったご経験から、また、医師のお立場から、
お野菜、果物を取ることの大切さをお伝えしていただきたいと思っています。
また、③の会場はお申し込みが必要となっていますので、こちらよりお申し込みください♪
お子様がいらっしゃる方もぜひ、ご参加ください。
申し込みの際、託児希望欄にチェックを入れてくださいね。

詳細は、HPを別途立ち上げましたので、ご覧下さいませ♪
皆様のお申込み、お待ちしております♪

d0122394_11425859.png
d0122394_11432917.png



[PR]
by vfc-sapporo | 2014-09-14 11:48 | 企画案内 | Comments(0)

由仁町産地見学ツアーパート2

パート1は野菜農家さんでしたが、午後は果樹園を中心に見学しました。
d0122394_1837080.jpg
まずは10年近く前から有機栽培でブドウを栽培している千田ぶどう園へ。ヨーロッパ種やアメリカ種、日本で交配した品種など、だいたい10種類くらいは時期がずれて食べごろを迎えます。
この日は、まだ出そろうまでには少し早かったので、黒バラード、紅バラード、ピアレスが食べごろでした(早生種)。
d0122394_1991475.jpgd0122394_1973792.jpg
d0122394_19145050.jpg

ここでは、好きなブドウをもぎ取りして、1キロ1000円で量り売りしています(入園料無料)。

次は、23品種、2000本のリンゴの木のある三木田りんご園へ。
りんごの時期にはちょっと早く、今回は見学のみになりました。
でもでも、立派な栗の木にみんなは栗付け? あれ、釘付けでした。
d0122394_19264614.jpg
d0122394_19381686.jpg
三木田りんご園は、10月に入ったら、おいしいりんごが次々と出てきますから、注目してください!

d0122394_19505432.jpg
d0122394_19575876.jpgd0122394_19572492.jpg
























さて、お次は、おまけの石黒りんご園へ。
お出迎えは、通称黒いナナカマドといわれるアロニア。黒いでしょ!そして、ユニークな石黒おじさんは、これとこれを食べろと、プルーンとモモを勧めてくれました。
モモを皮ごとがぶりと食べました。

由仁町は野菜と米だけかと思っていましたが、果樹園もいろいろあるんですね。
(吉)
[PR]
by vfc-sapporo | 2014-09-01 20:40 | Comments(0)

由仁町産地見学ツアーのご報告パート1

9月に入ってしまいましたね。
昨日の野菜の日は、野菜たっぷり食べましたか?
d0122394_17172669.jpg
8月23日(土)、札幌は前日から雷を伴う大雨でした。23日の朝まで降っていた雨は、なんとツアーが始まる2時間くらい前にあがり、その後もほとんど雨にたたられることはありませんでした。
最初に訪れたのは、食育に力を入れている「三田村農園」です。
d0122394_1722208.jpgここでは、今回は豆の勉強をしました。豆って、本当にかわいいですよね。白花豆や小豆、大豆など見たことがあるものも多いですが、「さくら豆」というほんのり紅色のお豆が珍しいのです。畑には豆のお花もいろいろ咲いていました。

見てみて!d0122394_17523937.jpg
マメ科の植物の根には、このようなコブのような根粒が付いています。この中には根粒菌という細菌がいて、宿主のマメ科の植物から栄養をもらって生きているのです。一方、根粒菌は、植物が作れない窒素化合物を作り、それをマメ科の植物に[与えているのです。共生関係ってことです。素晴らしく付いていますね。

この日のランチは土曜日と言うこともあり、早めに、地元野菜をふんだんに使っている「ア・ターブル」さんへ。d0122394_1756236.jpg
山角オーナーシェフが、旬の由仁町野菜を使って、カラフルに仕上げます。
まだ、地元の方の口にも入っていない新しい「ゆにコーン」というトウモロコシを使った冷製スープが美味。d0122394_1825863.jpg
カラフルでさまざまな味と食感が楽しめるプレートは本当にきれいでした。
ほかにもパスタと肉料理が付いて、1250円はとてもお得ですね。

一行は次の場所・安川農園へ。
d0122394_1810322.jpg
まるで柿のような桃太郎ゴールドやマイクロトマトなど、トマトだけでも10種類以上、オクラやズッキーニも4,5種類など、ここの安川さんをはじめ14名の、農家に嫁いだ20~30代女性の「WEAVE」というグループで、珍しい野菜を栽培しています。まだまだ、普及センターのアドバイスをもらいながらですが、子育てをしながら頑張っているメンバーです。
d0122394_18151436.jpg

ツアーはパート2に続きます。
[PR]
by vfc-sapporo | 2014-09-01 18:16 | 活動報告 | Comments(0)