「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

野菜ソムリエコミュニティ 札幌

vfcsapporo.exblog.jp

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

工場見学シリーズ 小山製麩所さんにて

札幌市内にしかも都心部(札幌駅から徒歩圏内)に、生麩と湯葉の工場があったなんて、ご存知でしたか?
北に北大
南に植物園
西に知事公館
という、立地にあるこの場所は、古くから水脈があり札幌の良い地下水が眠っている場所だそうです。

http://www.fu-yuba.co.jp/

小山製麩所の創業は明治42年、創業者は小山松男現社長の祖父でした。
麩づくりを修業したのは、創業者の母が営んでいた旅館業に役立つという理由で、今も旅館や高級割烹、デパ地下などへの販売をされているそうです。
ただ、悲しい事に最近はバイキングやビュッフェ形式が主流になり、お膳を囲むということがグンと減っているようです。

今日は、小山社長さんの説明をうけながら、試食もしながら見学させていただきました。
毎度おなじみ白衣姿になると、誰が誰かわかりません。

中でも、一段とお肌ツヤツヤな社長さんは、毎日、良質の大豆イソフラボンと、たんぱく質をとられているからでしょうね。
d0122394_9122241.jpg


工場内の撮影はOKで、個人で楽しんでいただくのもOKですが、
残念ながら、インターネット上の投稿は不可という事で、今回は写真はありません。。。。。。

というのも寂しいので、頂いたお土産と、帰りに1階のお店より購入してきた物を撮影しましたよ!


焼き麩・車麩です。
車麩は、バームクーヘンのように、3層にして焼くのですが、
なんとなんと、焼き立てを、社長さん自ら切り分けて下さいました。
ふだん、カチンコチンで水に戻して使う車麩の焼きたてって、
超高級フランスパンより美味しい!ふわふわで香ばしいんです。

そもそも麩は、小麦粉を水で練って洗ってグルテンを抽出するのですが、
自社工場でグルテンを作っている会社はほとんどないそうです。
泳いでいるグルテンちゃん、「わ~~~」と歓声があがりました。


d0122394_10301110.jpg


生麩は、全てが手造り!!!
力仕事の練り練りは、若い職人さんが多く、
ここぞの場面には、ベテランさんが配置。
素晴らしい職人技ですね。これは、外部流出すると大変です。

d0122394_10325575.jpg


写真はゆず麩饅頭です!めちゃ美味しい!!!
甘さ控えめで良質グルテンの生麩の中に柚子餡で、笹の葉にくるんであるので絶妙な香り!
小豆麩饅頭は、工場内で出来立て試食させていただきましたよ!
d0122394_10325613.jpg


お惣菜の代表は、先日新聞でも紹介されていた、【ゆばもち鶏みそ懐石】を購入してきました。
一番最初に、豆乳~湯葉~豆腐などをつくっているスペースにご案内いただきましたが、
ふわ~~~~っと、良い香り!
目の前に豆乳が沸々していて、そこたら1番湯葉、2番湯葉・・・ととれるそうで、
何といっても濃厚で美味しいのは1番湯葉!
その1番湯葉だけを集めてつくった、湯葉もち!!!!!ってことですね。

湯葉といえば京都・・・と、思われがちですが、
どちらかというと京都の湯葉はあっさり系(選ばれている大豆の品種の違いですね)
小山さんの湯葉は、濃厚でとろ~~~~り!
北海道の寒暖の差を生かし、世界一美味しいといわれる大豆のの品種を契約栽培しているそうですよ!

d0122394_10325883.jpg


見学の後は、お弁当を食べました!
手前は湯葉おこわに、湯葉や生麩が沢山入った、今月の北の麩弁当
奥は、お肉やお魚など、ボリューム満点の味彩弁当。
なんとなんと、この内容で798円。さすが工場直販店。

d0122394_9122350.jpg


野菜ソムリエさん達も、生麩や湯葉に関しては、未知の部分が多く、感動されていました。
気になるのは、やはり、レシピについて!
社長さんおススメの、麩組合のHPはコチラ

http://www15.ocn.ne.jp/~zenfukai/recipe/index.html
北海道は、車麩ざんぎがでていますよ!早速やってみよ!

バレンタインにおススメは、今年はチョコでなく、ハート麩はいかが!!!
男子のハートをガッチリは間違いない♪
http://www.fu-yuba.co.jp/namafu/namafu06.html#23heart

湯葉料理・麩料理に目覚め始めた私、次回は麩と湯葉を美味しく食べる企画を立てましょうか?
北海道の小麦農家と、大豆農家に直結している、湯葉と、麩、もっと毎日の献立にのると良いなあと思います。

今回の参加者は10名でした。
皆さん、ご参加ありがとうございました。

文責:A
[PR]
by vfc-sapporo | 2013-01-24 09:11 | 活動報告 | Comments(0)

THE 新年会 2013

新年恒例の新年会が、1月12日果実倶楽部818で行われました。
28名の参加者さん、ありがとうございました。

d0122394_7505667.jpg


本日のお品書き

d0122394_7505547.jpg


サーモンと黒大根紅しぐれ大根のカルパッチョ

d0122394_7505471.jpg


マグレ鴨と長ネギのタタキ

d0122394_7505537.jpg


ずわい蟹とヤーコン・紫人参・金美人参のサラダ
お品書きには、記載されていませんが、黒キャベツも入っています。

d0122394_7505694.jpg


牡蠣と蓮根のフリット

d0122394_7505731.jpg


むかご入り蝦夷鹿肉のラグーパスタ

d0122394_7505858.jpg


菜園ピッツァ
十勝マッシュと北見産玉ねぎなど

d0122394_7505934.jpg


デザートは蜂蜜ロールケーキとティラミスミニシューと
フルーツ盛り盛り!!!!
新潟の幻の洋梨レクチェ
茨城のにっこり梨
愛媛のデコポン
佐賀のさがほのかいちご
熊本のメロン
パイナップル

この時期、北海道はフルーツに飢えてますのでありがたい!!!

d0122394_7505932.jpg


受付担当役員さん、お疲れさまでした。
司会の役員さん、小さく写ってますが、さすがプロのアナウンサーさん!進行もバッチリです!

d0122394_751029.jpg


なんと、なんと、メインディツシュを撮影し忘れるという、大失態です。
十勝ポークシチュー!!!!!
あまりに美味しそうで、、、

ドリンク撮影し忘れましたが、果実倶楽部さんのウリは、水を一切加えていない、数十種類のフルーツカクテル・・・・・
ほとんど手絞りだそうですよ!
飲み放題でも、制覇しきれないほどの種類です。


2次会は、このまま果実倶楽部さんに居残り2次会飲み放題コースになりました。
楽しんでいただけましたか?

と、いう事でアンケート結果のご紹介

1・新年会の感想
A・色々な方とお話できて楽しかった。
  初参加でしたが、皆様親しみやすく優しく、とても楽しかった。
  楽しく美味しい会でした。
  お料理と進行が良かった。
  多くの方と交流できてよかった。

2・特に良かったもの
A・ダントツお料理
  2位:参加者自己紹介
  3位:お店選び

3・今後取り上げて欲しいテーマ
A・農場見学・収穫体験
  月1程度で交流会
  畑ツアー
  美容・健康関係
  みんなでスポーツをして野菜を食す
  農家のお手伝い
  野菜・果物勉強会
  工場見学
  映画上映会
  

4・イベント参加料で妥当な金額は?
A・著名人講演会 3,000円~5,000円
  一般講師    1,000円~3,000円
  飲食代      2,000円~4,000円

5・外部連携してみたいところは?
A・生産者
  卸業者
  飲食メーカーとの商品企画
  北海道に関連するところ

6・参加可能な日程
A・ダントツ土曜夜
  2位:平日夜
  3位:土曜昼
  4位:平日昼

7・利用している交流ツール
A・ダントツfacebook
  他、メール、ブログなど

以上、ご協力ありがとうございました。


文責:A
[PR]
by vfc-sapporo | 2013-01-14 07:48 | 活動報告 | Comments(0)