「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

野菜ソムリエコミュニティ 札幌

vfcsapporo.exblog.jp

<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

トマトジュースづくり

先週の出来事ですが、3連休のときのご報告♪

なにかと多忙だったり、一昨年の生育状況が良くなかったりで、
すっかりとご無沙汰だったトマトジュース作りにチャレンジしてきました。

地元の加工場を借りて友人たちと、トマトの香りをたっぷりと浴びてきましたよ。



d0122394_2101162.jpg
使用したのは、地元産のファーストを昨年収穫し冷凍保存していたもの。
冷凍トマトからしみ出た透明な液体は、(はしたないですが)舐めるととてもおいしいですよ♪


d0122394_2102190.jpg
まずは凍っていたトマトを大鍋でたっぷりと煮込みます。
作業中は、秘薬をつくる魔女気分です。


d0122394_2103362.jpg
煮込んだトマトは、大型のミキサーで粉砕し、ザルにあけて皮と種を取り除きます。
しっかりと濾すと触感が良くなります。


d0122394_2104224.jpg
濾したトマトを再度あたため直して、瓶詰めします。


d0122394_2104962.jpg
打栓機を使って、瓶に王冠をかぶせます。
この作業の感触がとても癖になりそうです。


d0122394_2105669.jpg
栓をした瓶を、お湯で煮て殺菌。
85℃くらいの温度を保持しつつ30分ほど煮込みました。



作りたてだとまだ酸味が立っているのですが、少しおくと味がなじんでバランス良くとっても美味しくなります。

夏のトマトの収穫シーズンが始まるまで、スープにしたり、トマトパンにしたりと、我が家では大活躍の予定。

塩を加えずに100%ピュアトマトですので、たまには贅沢してそのまま飲んじゃう予定です。

美味しいのはもちろんですが、みんなでする加工体験って楽しいですよね♪
(N)
[PR]
by vfc-sapporo | 2011-03-28 22:00 | 役員の野菜ソムリエ生活 | Comments(0)

「畑ツアー2011in栗山 第一章」のお知らせ

まだまだ雪におおわれている北海道ですが、今シーズンも少しずつ始まりました。

野菜の供給を安定的に行うためにも、これからの北海道農業の果たすべき役割は大きいですよね。
そんな北海道農業の様子を学ぶために、2011年度は「タマネギ」を題材に畑での生育のようすを皆さんと学びたいと思っています。

皆さんの参加をお待ちしております。

―――――――――― 記 ――――――――――

畑ツアー2011in栗山
~私をタマネギ畑に連れてって~ 第一章

講師:タマネギ博士
   タマネギ生産農家さん

場所:栗山町 カルチャープラザ「Eki」 研修室B
   夕張郡栗山町中央2丁目1番地 (JR栗山駅直結)
日時:4月3日(日)10:00~14:30

内容:タマネギの生育に触れて、順に成長の様子を見ていただきます。
   一回目は以下の内容を予定しています。
   ・タマネギの講話
    →タマネギがどんな作物なのかをタマネギ博士に教えていただきます。
     あなたもびっくりのタマネギのヒミツがわかるかもしれません。
   ・タマネギ弁当で昼食
    →タマネギにちなんだお弁当を用意します。
     みんなでタマネギのパワーを頂戴しちゃいましょう。
   ・圃場見学
    →タマネギの育苗ハウスに場所を移して、生育現場を見学します。
     発芽したてのタマネギをみんなでかじってみませんか?
     意外な美味しさにびっくりするかもしれません。

参加希望される会員の方には、
申し込み方法をメーリングリストでお知らせしていますので
そちらをご覧ください。

会員以外の方で参加希望の方は、
contact_yscs@yahoo.co.jp
までご連絡をお願いいたします。
[PR]
by vfc-sapporo | 2011-03-24 03:24 | 企画案内 | Comments(0)

土づくり講座

今日、渡辺農事株式会社 所長 安達英人さんを講師に
土づくり講座を開催しました。

参加者は、一般の方も含め14名の野菜好きの方が集まりました。
d0122394_22145811.jpg

















野菜づくりは、あらためて土づくりがとても大事なポイントなんだ
ということがわかりました。
d0122394_2236975.jpg

質疑応答の時間では、野菜好きの皆さんから突っ込んだ質問が続出。
d0122394_22193712.jpg

質問の中にこんな質問も東日本大震災で津波の被害にあった畑は、
どうなってしまうのですか・・・?

海水をかぶった畑は、これから何年間も畑として使用できなくなるそうです。

被災地の農業復興に、長い年月が掛かる事がわかり心が痛みます。
d0122394_22393195.jpg


ここでお知らせ、野菜に不安要素が増えそうな時・・・
自分で野菜を栽培してみませんか?岩松農園で安心安全な野菜つくりましょう。

5月末まで、お申し込みお待ちしております。
[PR]
by vfc-sapporo | 2011-03-21 23:14 | 活動報告 | Comments(0)

今日は男性の料理教室でした

今日は、祝日にもかかわらず、道新文化センターの「ヘルシーおうち居酒屋メニュー教室」でした。
先週は女性の教室でしたが、今日の参加者は男性ばかり。
今日は4品作りました。
ハクサイのグラタン、ハクサイサラダ、豚肉のトマト蒸し、炒めないヘルシーなビーフン。
d0122394_2312650.jpg

どれもおいしかったですよ!!簡単なのに!
男性が料理するのは、何だか愛やいたわりが感じられるのは私だけ??
それって、普段料理をしない男性が多いからなのかな?
愛やいたわりが増えれば、今回の地震による被害も乗り越えられるのではないのかな?
一気に進まないと思いますが、前に進みやすくなるのではないのかな?

北海道の人たちは、これから種をまいて田畑を作るのですよね。
今すぐに活動できなくても、秋の収穫の時にも何かサプライズはできるのではないかな?
キッカワ
[PR]
by vfc-sapporo | 2011-03-21 23:12 | 役員の野菜ソムリエ生活 | Comments(0)

十勝川西長いも

3月某日、FMラジオの収録。

この日は、十勝川西長いもをテーマに簡単レシピの紹介です。
d0122394_20485388.jpg

良い長いもの選び方は、表面に傷が無く、なるべく白い物を選ぶと良いそうです。
d0122394_20494716.jpg

さて料理は・・・   長いもとマグロのユッケ
長いもとマグロを棒状に切り、醤油・胡麻油・豆板醤などで和えるだけの
簡単レシピです。
切った長いもは、レモン汁を入れた水にさらしぬめりを少しとってから和えると
あまりドロドロにならずに混ぜることができます。
d0122394_20502268.jpg

完成品はこちら、こんなグラスに盛り付けるとちょっとオシャレでしょ!
d0122394_20511358.jpg

長いもは、ジアスターゼ・アミラーゼなどの消化酵素の成分で消化を助け、
ぬめり成分のムチンで、体内の粘膜の保護をしてくれるとってもいい奴なんです。
そして十勝川西長いもは、台湾などに向けて輸出され,
世界に羽ばたく凄い奴なんです。




この度の、東北地方を襲った大地震で被災された皆様へ、
                   心よりお見舞い申し上げます。

              野菜ソムリエコミュニティ札幌 役員一同
[PR]
by vfc-sapporo | 2011-03-13 21:59 | 役員の野菜ソムリエ生活 | Comments(0)

小学生食育講座

2011年3月11日・・・

この日の企画の報告をする前に、触れなくてはいけないことがあります。

東北地方を中心に、関東や北海道を含む広範囲な東日本一帯で、地震や津波といった大規模な自然災害が発生してしまいました。

現在もその状況が把握できないほど、とても大変な状況になっています。
被災された方の安否を願うとともに、少しでも早急な復旧を祈っています。

マイスター試験を一緒に受験した友人が仙台にいるのですが、2日経った先ほど「無事です」との知らせが入りました。
皆さんの親族や知人の方々からも皆さんへ「無事です」の知らせが届くことを願ってやみません。

物流網が現在寸断されている北海道からできることは限られていますが、
現時点では通常の経済活動を継続させつつ体力を蓄え、今後の復旧に役立てるように準備しておくことが大事な気がしています。

また、今後の復興期にこそ、食料基地北海道ができることは多いと思います。
種まき一つが、復興のときに支援につながることと思い、
しっかりと後方支援ができる体制を整えていきたいですね。




3月11日、交通機関の乱れや電話網の発信制限となる中でしたが、当日お集まりいただいた参加者の方々、ありがとうございました。

2011年のスキルアップ講座の2回目、「小学生食育講座」を開催させていただきました。

d0122394_17461025.jpg
会場は札幌駅北口のエルプラザ。
電話連絡もできない状況だったため、予定より15分ほど遅れて講座を開催させていただきました。



d0122394_17463099.jpg
当日使用したレジュメはこんな感じ。
「コツ」や「体験談」に質問が多く出た気がしています。
皆さんの真剣なまなざしが印象的でした。



d0122394_1746399.jpg
講義終了後は座談会。
座談会の後半に、今までの活動記録を皆さんに閲覧してもらっている様子です。




座談会では積極的に質問もいただき感謝しています。
今回のスキルアップ講座が、皆さんの今後の活動の一助になることを期待しています。

(N)
[PR]
by vfc-sapporo | 2011-03-13 21:00 | 活動報告 | Comments(0)

いただきものの話ですが

 おいしいトマトをいただきました。同じビルに入っているO社さんから、四国のフルーツトマトをいただきました。
d0122394_8103024.jpg
 「夢とまと」というブランド名です。「桃太郎」を水分を絞って育て上げたものです。糖度は8度以上あるとのこと。d0122394_811133.jpg ほら、絞っているから、餃子よりも小さい。久々においしいトマトでしたが、あーぁ、おいしい北海道産のトマトが食べたい! キッカワ
[PR]
by vfc-sapporo | 2011-03-09 08:17 | 役員の野菜ソムリエ生活 | Comments(0)

2010年度余市の洋梨講座 のまとめ

役員になってからの参加は3回目の剪定講座が初めてでしたが、
余市の洋梨講座の3回シリーズを、参加者の皆さんのご協力を得てまとめてみました。

北海道後志総合振興局さんの主催で、余市町およびJAよいちの共催により、私たち野菜ソムリエコミュニティ札幌の会員に勉強の場を与えていただきました。


JAよいちでは、次のリンクにあるように、洋梨の主産地なんです。
JAよいちのなし情報
こちらに登場する、余市町梨生産出荷組合の坂本組合長を始め、4名の洋梨生産者の方々に、摘果、適期収穫、剪定を教えていただきました。

ちなみに、JAよいちの洋梨、すべてYES!clean栽培基準にて生産されています。


さて、3回シリーズの講座の様子は、以下のリンク先から確認してくださいね。
参加した皆さんの復習はもちろんのこと、参加されなかった皆さんも疑似体験していただけるとうれしいです。

来年度も何かしらで継続していきたいと思っていますので、会員の皆さんは希望がありましたら、
最寄りの役員までメッセージお願いいたします。





1回目 摘果(2010.6.13)のようす
主催者

後志総合振興局の食情報リポート

2010年役員の報告

よいち西洋なしアンバサダー

シニアアンバサダーAさんのブログ

シニアアンバサダーBさんのブログ

シニアアンバサダーCさんのブログ

ジュニアアンバサダーDさんのブログ





2回目 適期収穫(2010.9.19)のようす
主催者

後志総合振興局の食情報リポート

2010年役員の報告

よいち西洋なしアンバサダー

シニアアンバサダーAさんのブログ1

シニアアンバサダーAさんのブログ2

シニアアンバサダーBさんのブログ

シニアアンバサダーCさんのブログ





3回目 剪定(2011.2.27)
主催者

後志総合振興局の食情報リポート

2011年役員の報告

よいち西洋なしアンバサダー

シニアアンバサダーAさんのブログ

シニアアンバサダーBさんのブログ

シニアアンバサダーCさんのブログ

ジュニアアンバサダーDさんのブログ





2011年度に向けた打ち合わせも、もう始まっていますよ~
★★★シニアよいち西洋なしアンバサダー N
[PR]
by vfc-sapporo | 2011-03-06 09:12 | 活動報告 | Comments(0)

小学生食育講座 企画直前案内

一週間後に迫った、第二回スキルアップ講座「小学生食育講座」の内容をお伝えします。

募集案内は こちらをクリック! してご確認ください。


次週の企画は、以下のような内容を予定しています。


1.食育授業のニーズ

食育授業のニーズを確認してみます

2.食育授業をするには

授業を行うためにどうすればよいかを確認します

3.食育授業のコツ

授業を実施するときのノウハウを確認します

(野菜ソムリエ二次試験にも有用な方法を紹介します)

4.食育授業から得られたこと

講師自身が食育授業を経験して、実際に感じたことをお伝えします

5.活動するときに気をつけてほしいこと

授業を実施するときに配慮してほしいことを説明します



来年度の活動を予定されている方のお役に立てる企画になることを願っています。
[PR]
by vfc-sapporo | 2011-03-04 22:22 | 企画案内 | Comments(0)

仁木町 ~余市町のとなりまち~

洋梨剪定に余市町までお邪魔したついでに、おとなりの仁木町まで行ってきました。

余市の街中から仁木の街中までは車で5分。
あっという間についてしまいます。

仁木町も余市町と同じくフルーツ中心の美味しいものがいっぱいのところなんですよ。

夏の収穫体験の時にお邪魔した農家さんたちに、前日のうちにご挨拶。
どこの農家さんも今年の北後志の豪雪に苦慮されていました。

わたしに美味しさをもたらせてくれた樹木たちはすっかり雪の下だったんです。


この時期、雪景色ばかりのはずが、そんな時期でも出荷作業に追われている、ステキな農家さんもいらっしゃいます。
そこで、剪定作業の朝、無理を言ってお邪魔してきちゃいました。

夏場はとても美味しく高級なトマトをつくられている農家さん、その大きなハウスを利用して今時期も青々とした野菜さんたちをつくられているんです。



d0122394_1275547.jpg
運動会ができそうなほど大きなハウスに、先が見えないほどびっちりとホウレンソウたちが育っています。
収穫用のハウスでは作業のために加温していますが、生育は無加温で栽培とのこと。
相当な成育期間をかけての立派な野菜さんたちに感動しました!


d0122394_128629.jpg
お忙しいさなか、収穫体験までさせていただき・・・


d0122394_1281764.jpg
最後には袋詰めまでさせていただいちゃいました。



今日も北後志は豪雪でしたが、そんな環境でも温度管理や除雪を行い、私たちに地元の青菜を食べさせてくれる農家さんに感謝の念が絶えません。

ありがとうございました&ごちそうさまでした。
(N)
[PR]
by vfc-sapporo | 2011-03-04 05:06 | 役員の野菜ソムリエ生活 | Comments(0)