ブログトップ

野菜ソムリエコミュニティ 札幌

vfcsapporo.exblog.jp

カテゴリ:飛び出せ!YSCS広報部( 16 )

札幌には「さっぽろ農学校」がある!

d0122394_19375919.jpg

野菜ソムリエの皆さんの中にも、今年こそ夢だった家庭菜園を始めるぞ!と決意された方がいるのではないでしょうか?ですが、思い立ってはみたものの、農業の世界は奥深く、素人には一歩踏み出すのも不安でしょうがないもの。そんな新米家庭菜園主さん(特に札幌近郊にお住いの)に朗報です。安心してください。そう、札幌には「さっぽろ農学校」がある!


 「さっぽろ農学校入門コース」は、経験豊かな講師の皆さんが熱心に教えてくれて、コスパも素晴らしく、とにかくおすすめなんです。今回は、野菜栽培を始めてみようかなとお考えの野菜ソムリエの皆さんに耳寄りな情報です。(生産者さんには役立たないかも!)


筆者鈴木も、長年、農産物流通の業界にいましたが、実際に農業をやってみるのは今年が初めてでした。いざやってみようと畑を前にしたとき(私の場合は草ぼうぼうの荒地でしたが)、いったい何から始めたら良いやら、途方に暮れてしまいました。


 こんな時、先輩菜園主の皆さんや、プロ農家の皆さんはどうされてましたか?本屋には農業の教科書があふれ、ネットにあふれた情報にはいつでもアクセスできます。ですが、それを読んだだけで野菜が作れるなんて考えてたら甘い甘い。やっぱりプロに聞くのが一番です。


そんな私たちにぴったりな学校があります。市民農業講座「さっぽろ農学校入門コース」です。札幌市の農業支援センターが運営し、毎年4月から9月の日曜日にサッポロさとらんどセンター(札幌市東区丘珠町584番地2)で講義が行われています。


講師には、元道総研花・野菜技術センターの土肥紘先生や、「ステップアップ北の家庭菜園」(北海道新聞社)の著者の有村利治先生など、豪華なメンバーがずらり。毎週、土づくりから、各野菜の育て方、有機農業や加工品の作り方まで、幅広く教えてくれます。毎週日曜2時間全22日間で費用は8,000、畑の土のpH診断まで無料でやってくれました。


 4月9日()の第一回講義では、土肥先生(名前が素晴らしい)が、丁寧に各肥料の特徴や施肥方法、栽培品目ごとの肥料の量の計算方法などなど、すぐに使える知識と技術を教えてくれました。野菜ソムリエとして土まで語れたら説得力ありますよね。


 こんな素晴らしい学校、皆さんも参加したくなりませんか?


 残念ですが今年度の受講生は受付終了してしまったんです。例年、募集期間は2月上旬から3月下旬、応募者が多い場合は抽選になるほど人気です。ここまで期待させてしまったのに申し訳ございません。


 でもどうしても参加したいという菜園主さん、安心してください!当日受付もあります。1500円と少し割高になってしまいますが、当日も40人まで飛び入り参加が可能です。参加方法は簡単。当日朝9時半までにサッポロさとらんどセンターの入って左側にある受付テーブルで申し込むだけ。以下のリンクから案内HPがご覧いただけます。ご興味あるテーマの日にご参加してみてはいかがでしょうか?

※4月30日(日)はGWでお休みです。ご注意ください!


  野菜を知るために、土をいじり、種を蒔き、収穫の日まで世話をする。普段から食べている野菜が、それまでとは違って見えてくるかもしれません。野菜ソムリエになってからも日々勉強を続けている皆さん、「さっぽろ農学校入門コース」おすすめです。


(YSCS広報部/鈴木)


[PR]
by vfc-sapporo | 2017-04-28 10:00 | 飛び出せ!YSCS広報部 | Comments(0)

明日は「ポテトセミナー」&ニセコで越冬ジャガイモ堀りレポート

いよいよ明日は農研機構の研究員さんをお招きする「ポテトセミナー」ですね。

おかげ様で満席になりました。参加される方は学びの機会を活用して、日頃から頭の中にためておいたバレイショに関する疑問を解消しましょう!

d0122394_18182368.jpg

でも、その前に!

ニセコ在住でコミュニティ会員である佐竹さんの家庭菜園で行われたイベント、「Enjoy Snow Potato Digging in Niseko」の様子をフォトレポートとともにお伝えします。ちなみに佐竹さんの畑は家庭菜園という言葉からは想像がつかない広さなんです・・・!


Enjoy Snow Potato Digging、つまり雪のジャガ芋掘りを楽しむということですが、これは雪国ならではですね。

簡単に説明すると、北海道では8-9月に収穫したバレイショを晩秋にまた土の中に埋めて、雪の下で越冬させます。すると、バレイショが休眠状態になり、芽が伸びません。そして越冬したバレイショはでんぷん質が糖に変化し、と~っても甘くなります。

当日はニセコならでは、日本の他に5か国の参加者が集まり雪の下の“お宝探し”がスタート。

d0122394_17245001.jpg

「この支柱あたりにジャガイモが眠っています」と佐竹さん。お宝のヒントは支柱のみ!

d0122394_17245054.jpg

「さぁ~掘るぞ~」

d0122394_17245144.jpg

腰の辺りまで掘り進めると土が見えてきました。ここまででも結構大変だったのですが、昨年も参加した人たちは「去年の方が雪深くて大変だった!今年は楽だ!」とおっしゃていました。

d0122394_17245168.jpg

ちなみに全景だとこんな感じです。ニセコアンヌプリの雄大な景色!

d0122394_17245189.jpg

お宝発見!土の中のバレイショはまわりを藁(わら)で保護されていました。

d0122394_17245208.jpg

この写真で伝わるでしょうか…。品種は「レッドムーン」「キタアカリ」「インカのめざめ」「シャドークィーン」「キタカムイ」「はるか」「ノーザンルビー」「メークイン」など。
それから長﨑の二期作用バレイショ「レディJ®」をニセコで栽培してさらに越冬させたという珍しいのもありました!

「キタアカリ」「インカのめざめ」「シャドークイーン」「はるか」「ノーザンルビー」といった品種は、北海道農業研究センターで開発した品種です。

同じ環境で越冬させたバレイショですが、食べてみると甘味ののり方に随分差があることが分かりました。


4月12日のセミナーでは、北海道農業研究センター育成の特徴のある品種や最近の品種についてのお話から、ジャガイモシストセンチュウに抵抗性がある品種についてなど幅広く伺えます。

また、バレイショだけではなく、北海道農業研究センター生まれの野菜としてカボチャとタマネギのご紹介もしていただく予定です。お楽しみに!

ポテトセミナー
https://www.facebook.com/events/130588100799412/

(広報担当:ハタセ)


[PR]
by vfc-sapporo | 2017-04-11 18:23 | 飛び出せ!YSCS広報部 | Comments(0)

野菜好きにはたまらないカフェ「ちどり」の店長へ話を聞きました

野菜ソムリエコミュニティ札幌の中でいま一番ホットなお店、それは、サンドヰッチと季節のスープの店「ちどり」。
ホットな理由は、スープの店だから…はもちろんですが、それだけではなく、野菜が美味しいんです!

今回は店長で野菜ソムリエプロの南川千春さんにお話をお聞きしました。

― こんにちは!今日はよろしくお願いします!

ちどり店長 南川さん(以下南川さん)「よろしくお願します」

― さっそくですが、ちどりは今年になってオープンされたんですよね?

南川さん「はい、オープンは2017年1月4日です」

― 可愛らしい店名だと思ったのですが、何か由来はありますか?

南川さん「何かモチーフが欲しかったのですが、ちどり柄が好きだったのと、千、取り(鳥)なんて意味合いがあり、商売をするのにちょうど良いと思ったからです」

― なるほど~。ちどりは店名だけでなく、内装も可愛らしいですよね。南川店長のこだわりポイントは?

南川さん「誰もがおしゃれな喫茶店で思い描くお店にしたかったのです。木を基調とした落ち着く空間に、色とりどりの食器を使って色彩豊かな野菜をイメージしてほしいと思いました。」

カウンターに並ぶル・クルーゼのミニガーデンシリーズやミニ・ココットシリーズ。眺めているだけで楽しい!

― そもそも、南川さんが「野菜ソムリエ」になろうと思ったきっかけは何だったのですか?

南川さん「二十代前半から野菜好きだったのもあり、野菜ソムリエの存在は知っていてずっと気になってました。
それで飲食店を始めるにあたって資格取得を決断をしました」

― 野菜ソムリエになって心境が変わったことはありますか?

南川さん「皆さんに野菜の良さを知ってもらうことや、食べてもらうことにに喜びを感じるようになりました。」

― それは私も同感です!飲食店をやっている南川さんなら野菜ソムリエの知識も活かせるし、尚更そう思いますよね。

南川さん「そうですね。特に栄養の面でどうやって効率よく摂取してもらうか、美味しく食べてもらうかということについては、野菜ソムリエの知識はかなり役立っています」

― サンドイッチとスープのお店にしたのも、そういう思いからですか?

南川さん「はい、野菜が主役になる料理を提供したいという思いがあったからです。また、スープはたくさんの野菜を食べる事が出来る料理だったので。」

4月12日の「ポテトセミナー」(野菜ソムリエコミュニティ札幌主催)終了後、ちどりでプチ交流会をやる予定です。

― 交流会は午後3時半からで、ちょうどティータイムの時間帯ですが、ティータイムのオススメはありますか?

南川さん「コブラーです!」

― コブラ―?初めて聞く名前ですが、それは何ですか?

南川さん「スイーツです。お店をやるにあたり色々とカフェ巡りをしてきましたが、そこで初めてコブラーを食べていたく感動しました!ぜひうちでもやりたいと。旬の果物を使って、さらにクッキー生地は全粒粉で作っているので香ばしくて、果物と相性抜群です!」

― 旬の果物に全粒粉のクッキー…こ、これは絶対に美味しいやつです!聞いただけで、口からよだれが出ちゃう…!

南川さん「ティータイムコブラーをご注文くださった方は、ドリンクどれでも200円でご提供しますよ」

― なんとお得な!

南川さん「コーヒーはネルドリップで淹れる本格コーヒーで、紅茶も、かなりこだわって選んでいます」

南川さんは、お店を始める前はカフェで修業していました。スープやサンドイッチだけでなく、ティータイムも期待がもてます。

― 最後に、これからの展開は…?

南川さん「豪華なフルーツ盛り盛りのフレンチトーストを始める予定です!」

そ、それも間違いなく美味しいやつだ…!
よし、4月12日(水)の交流会は「コブラ―&コーヒー」、次に「フルーツ盛り盛りのフレンチトースト&紅茶」を攻めるぞ!と心に決める広報担当ハタセでした。

南川店長、お話を聞かせていただき、また写真のご提供もありがとうございました。


関連URL(1):野菜ソムリエコミュニティ主催【ポテトセミナー】農研機構の研究員にタネイモの話を聞こう

  • 日にち:2017年4月12日
  • 時間:(セミナー)13:30-15:30、(交流会@ちどり)15:40~17:00
  • セミナー参加料:コミュニティ会員は800円、非会員は1,000円
  • 交流会のみの参加も受け付けます
  • 申込方法やその他詳細は上記リンク先のページをご覧ください

関連URL(2):サンドヰッチと季節のスープちどり インスタグラム


[PR]
by vfc-sapporo | 2017-03-16 14:41 | 飛び出せ!YSCS広報部 | Comments(0)

~ホントの意味での「復興」はこれから~【第6回 野菜ソムリエアワード地区予選 九州・沖縄】より

d0122394_08352039.jpg





北海道を飛び出し、先日開催された【第6回野菜ソムリエアワード九州・沖縄地区】に行ってきました。社会のインフラになるために活躍される野菜ソムリエさんたちの発表には心を動かされてばかりで充実した時間を過ごすことができました。

d0122394_08433014.jpg
本来であれば、そちらのレポートをお伝えしようかと考えましたが今回は、昨年4月に起きた震災から現状までを 九州の野菜ソムリエさんたちの活躍と九州日日新聞福岡支社の編集長から提供された新聞記事で見る印象的な話をいくつかご紹介
d0122394_08145754.jpg

新潟中越地震の被害額を超える熊本地震の復興の目的は様々で、2020年の東京オリンピックの前年に行われる「ラグビーW杯」に向けて、まずは熊本城の天守閣を復旧させていこうと着工が進み最終的には(試算で)20年の歳月と634億円をかけて熊本城の建設がかかるとのこと。

交通の大動脈ともいえる国道57号線の復旧工事も昨年11月から始まったばかり

観光へのダメージもあったが全国からの応援の輪は今も続いている
d0122394_08165320.jpg


もうすぐ1年を迎え全国ネットでメディアが熊本及び被災された九州を報道していく中で「新たな風評被害が起きなければ良いのだが・・・」とひそかに不安を抱えている。これまでも支援、応援を頂きながら【勝負はこれから】と地元の意識は高い、特に野菜ソムリエさんには農産物を通じての応援をこれからも続けて頂きたいとのお話でした。

アワード発表の中での個人やコミュニティ熊本の、震災が起きる前と震災が起きてからその後の様子を聞きながら感じたのは「自分たちも被災しているのに、食べるために生活者や生産者の為に様々な所で架け橋を築いている」そのパワーには驚き、他県のコミュニティーの協力も心強かったこと。心の復興の一つに活躍したのが【ベジフルフラワー】の存在。被災された人たちが笑顔を取り戻すきっかけになったのが、普段食べるだけの野菜や果物を花束の様にして飾るベジフルフラワーだったのは嬉しかったです。
d0122394_08185374.jpg
人間は完璧な生き物ではなく、普段の生活では「食べる事」を曖昧に考えてしまうことは誰しもありうるかもしれません。でも有事の際では「食べる事」を一番に考えるものと思います。

いま、野菜ソムリエのネットワークを通じて九州・沖縄のメンバーで新たなプロジェクトが進みつつあります。【野菜ソムリエ】という共通言語の中で巡り合った仲間の輪が大きな軸となりホントの意味での「社会のインフラ」になりますことお祈り申し上げます。





投稿:高橋 良一 (野菜ソムリエpro)

[PR]
by vfc-sapporo | 2017-02-28 09:45 | 飛び出せ!YSCS広報部 | Comments(0)

北海道の新規就農・女性・高齢農家が抱える悩みとは?

 今回は、道内の行政機関の農家の担い手育成を担当する部署に勤務されているKさんとお会いしました。

K
さんは、北海道内で新規就農される方をサポートしたり、すでに農業に従事されている女性や高齢者の活躍を支援する仕事をされています。今回は、新規就農者や女性・高齢農家数のトレンドや、そんな皆さんの農業に対する想い、直面する課題をお聞きすることができました。野菜ソムリエとしてお手伝いできる事もいっぱいありそうです。

d0122394_10504168.png

①道内新規就農者・女性・高齢農家の最新トレンド

 まずお勉強から。Kさんが丁寧に教えてくれました。


「北海道には、平成27年で、38千戸の販売農家、10万人近い農業従事者がいます。ですが、ここ10年間で35千人も減ってしまいました。一方で、新規就農者は、毎年600人前後で、減少数を埋められるほどではありませんが、安定しています。」
不景気な年ほど、前の仕事を辞めて農業を始める人が多い傾向なんですって。


「新規就農者のうち、平成27年では、実家の農家を継いだ方達が75%で、それ以外の、農業に無縁だった方達の参入は25%もいました。しかも、この25%の農外からの参入の半分以上が野菜農家を目指しています。」Kさんは、野菜農家なら、限られた土地からでも始められることや、自分らしい個性あふれる商品を作れることが魅力なのでは、と分析していました。


 また、北海道内の農業従事者のうち、平成27年は46%が女性とのこと。農家は家族経営が多いので、おばあちゃん、お母さん、娘さんも家業の農業を手伝っていると考えると納得ですね。高齢化率は、北海道が36%でじわじわと上がっていますが、全国平均よりは低く推移しています。


※詳細な情報は、次のリンクから見られます。

北海道情報はこちら (リンク内第2回審議会資料2-2

全国平均はこちら


②新規参入や女性・高齢農家さんが困っていること

 Kさんは生産者の悩みについて、「新たに野菜農業を始める場合、農地をどう借りるか、農業技術をどう学ぶかは当然の悩みですが、同じかそれ以上に、販路や商品のあり方で困る方が多いようです。」と言っていました。また、新しいビジネスに挑戦しようとする女性や高齢農家の方達も同様に販路に悩まれる方が多いようですね。


 ①でお勉強した通り、新たに農業外から野菜農家になる方は、個性ある野菜を独自に売りたいという想いが強いです。また、女性や高齢農家さん達は、豊かな感性や、生活に根差した野菜を楽しむ知恵をお持ちです。こういった皆さんは、JAなどの既存の流通ルートにこだわらず、加工品を作ったり、農家レストランを始めたり、ネット直売を始めたりと、最近話題の「農業の6次産業化」につながる新しい発想で、販路を広げようと模索されています。


 しかし、野菜であっても人気商品の流行は目まぐるしく移り変わり、また、複雑な流通の仕組みも難しすぎて、新たなチャレンジが始められず悩んでしまうことがあるようです。オリジナル商品を独自販路で販売するには、自分で全てをやらなければならず、大変ですよね。


③野菜ソムリエコミュニティ札幌が一緒にできること

 我々、野菜ソムリエコミュニティ札幌には、生産者から、食品加工メーカー、流通業者から外食店経営者、また、プロ生活者とも言えるトレンドの最先端にいる方まで、多種多様で多才な会員が集まっています。我々が、新規参入の野菜農家さんや、新しいチャレンジをしたい女性・高齢野菜農家さん達と一緒にできることは無いでしょうか?


 Kさんからは、「道内にいくつかある農家ネットワークが、定期的に外部の方をお招きして勉強会をすることがあり、その時のテーマに合わせて、専門知識をお持ちの野菜ソムリエに講師として来てもらえないか。」とご提案いただけました。これは十分に可能性がありますし、こんな活動の機会を探していた!というコミュニティ会員さんもいらっしゃいますよね。私もそうです。


 他にももっと簡単に、外からの情報や刺激が欲しい農家さんと、それぞれの得意分野を持った野菜ソムリエが集まって、一緒に交流イベントを開くこともできます。一緒に農業体験をしたり、料理して食べたり、一般の生活者向けに一緒に販売することもできます。そこで新たな栽培品目、料理のメニューや販路など、思いもよらなかったアイディアが生まれるかもしれません。


 今回、熱心に時間をオーバーしてまでお話しいただいたKさんとは情報交換を続けていきます。できれば今年の野菜ソムリエコミュニティ札幌主催イベントに、Kさんからご紹介いただく生産者さんをお招きし、一緒に楽しみながら考えたいですね。


 以上、YSCS広報部の鈴木でした!


[PR]
by vfc-sapporo | 2017-02-22 10:59 | 飛び出せ!YSCS広報部 | Comments(0)

7月23日 定例役員会のひとこまです

今日は7月の定例役員会の日。メンバー8名のうち5名の参加で開催できました。議題は盛りだくさん、もっとも大きな議題は8月31日の「野菜の日マルシェ」の企画でした。出店者スペースの他、コミュニティの縁日コーナーでは野菜に興味を持っていただけるよう楽しい遊びをたくさん考えました。さあ、あと1か月だ、頑張るぞ!えっ、写真には4人しか映っていない そうです写真を撮っているのが私です。

d0122394_23325326.jpg

[PR]
by vfc-sapporo | 2015-07-23 23:34 | 役員会 | Comments(0)

12月16日役員会

皆さん、こんにちは。
新しく第8期の役員となりました、今です。
広報担当と副代表をやらせていただくことになりました。
今後ちょいちょいこのブログにアップします。
そしてフェイスブックでシェアしていきますので、よろしくお願いします。

早速ですが、昨日はまーくるにて19時から23時30分まで
お酒も飲まずにひたすら真面目な役員会を行いました。

本当にお酒飲んでないですよ、お茶の写った証拠写真をご覧ください。
d0122394_1226339.jpg


お酒を呑んでいないのに終電で帰るのは初めてかも・・・

来年、コミュニティとしてどんな活動、イベントをしていくかのたたき台なんかを役員で話し合いました。

企画を考えるのって大変です!
ただの遊びの企画じゃなくて、野菜ソムリエとして学習の場、交流の場、そして皆さんが活躍する場を提供することを目的としているので、色々な事を悩みながら検討しています。

今後企画が発表されたら、多くの人が参加してくれることを期待します。

まずは来年1月に新年会を計画中です。
後日メーリングリストで正式に案内が出ますので、多くの方のご参加をお待ちしています。
[PR]
by vfc-sapporo | 2013-12-17 12:43 | 役員会 | Comments(0)

第7代 2回目の役員会

今期の役員が、やっと7名全員集合できました。

今日は、新役員さんからの差し入れが沢山!!!!!

d0122394_15583528.jpg

「パンダドーナツ」は揚げていない、焼きタイプなのでさっぱり系のドーナツ!!!
可愛いし美味しい!!!

もうひとつの差し入れは、右上の「小豆のパテ」だそうです。
にんにくとスパイスたっぷりで、とっても大人の味に小豆が大変身です。
本日、放送された逸品とのことでした。
ケークサレにつけて食べたら、大満足。

今日の、夢カフェまーくるさんのケークサレは、ハヤシビーフと、ブロッコリー入り!!!

食べてばかりいたわけではなく、しっかり会議しました。
7人全員そろうと、決まるのも早い!

昨年からの引継ぎ
新年度活動計画
活動予算
新年会と担当決め
毎月スキルアップをして
2ヶ月に1回はイベントをやろう・・・
マルシェも2回はやりたいですね。。。
もろもろ、決めることが山ほどあり、結局18:30~23:00までかかりました。
猛吹雪だったので、まっすぐ帰路へ・・・・・お疲れ様でした。

(文責:A)
[PR]
by vfc-sapporo | 2012-12-28 15:59 | 役員会 | Comments(0)

第7代 1回目の役員会

第7代 1回目の役員会が開催されました。

前年度に引き続きのメンバーが3名、新規役員が4名
吉川代表のもと、今期も7名で色々な活動をしていきたいと思います。
会場は、「ベジカフェまーくる」改め「夢カフェまーくる」です。

10月までは、野菜バイキングレストランでしたが
11月より、店名・業態がかわり、食育と6次化支援のお店になりました。
常設のキッチンスタジオもあり、道産加工品も沢山並んでいるお店になりました。
大人気ケークサレ(甘くない塩ケーキ)とドリンクメニューになりました。
今日の役員会でも、ケークサレいただきました。美味しかった!
d0122394_10341892.jpg


お食事が無くても、気楽に遊びに伺えるお店になりました。
http://www.facebook.com/Yumecafemakuru

今回集まった新役員は5名。
各担当を決め、年間計画をたてていく手順などを話しました。

これから、各担当ごとに仕事内容の引継ぎをして
新役員の活動スタートとなっていきます。

最初の役員のお仕事は、毎年恒例新年会になりそうで、
日程だけ1/12(土)で、決まりました。
詳細が決まり次第、皆様にご連絡していきたいと思います。

2012/9より、野菜ソムリエコミュニティ札幌の「facebookページ」も出来ました。
このブログの他、こちらでも情報発信していく予定です。
facebook登録のある方、ご興味のある方は、いいね!押してくださいね!
http://www.facebook.com/YScomsapporo

今期も、楽しく学べて、交流ができる会を目指していきたいと思いますので
皆様どうぞ宜しくお願いいたします。

(文責:A)
[PR]
by vfc-sapporo | 2012-12-05 22:04 | 役員会 | Comments(0)

2回目の役員会

新年会が間近に迫り2回目の役員会を開きました。

新年会の内容・今年度の企画などなど・・

決めなくてはいけない事が沢山あり、頭がパンク寸前。

6時から11時までかかってしまいました・・・ふう~(@_@;)

多忙のため途中何人かの入れ替わりがありましたが今回も全員参加!

吉川代表がお土産を持って戻ってきました
(映画『しあわせのパン』のポスターのパン)

美味しーい(^◇^)

疲れた体に美味しいパンが、お腹をしあわせにしてくれました!!

d0122394_13324078.jpg

[PR]
by vfc-sapporo | 2012-01-26 13:39 | 役員会 | Comments(0)