ブログトップ

野菜ソムリエコミュニティ 札幌

vfcsapporo.exblog.jp

4月12日「ポテトセミナー」レポート

d0122394_19334235.jpg

4月12日13:30~野菜ソムリエコミュニティ札幌主催の「ポテトセミナー」を開催しました。

講師は、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(略称:農研機構)の田宮研究員。

さらに、北海道農業研究センターで開発したカボチャや玉ねぎやイチゴの話を嘉見(かみ)研究員が説明してくださいました。


  • バレイショ栽培品種と収穫量の変遷についてのお話
  • バレイショの根に寄生して収穫量を激減させる「ジャガイモシストセンチュウ」に対抗するために、抵抗性品種を開発しているという話
  • カラフルポテトの品種作りに関するお話

私のメモを元に、感想や講義内容の一部をまとめてみました。

●品種別生産量のナンバーワンは長きに渡り「男爵」が君臨。
しかし近年は、センチュウ抵抗性のある品種が開発され、男爵が1位なのには変わりがないが、徐々にシェアが変わってきている

●「男爵はセンチュウ抵抗性がない品種なのになぜ人気を保っているのか?」という参加者の質問には、地域性の要因(北海道と九州以外ではセンチュウが発生していない)と、男爵の絶大なブランド力が背景にある、とのこと。

●バレイショ全体の全国作付け面積は年々減っているけれど、栽培方法や品質改良の結果収穫量は面積がほどは減っていない。

●北海道農業研究センターが近年開発した中でオススメの品種は、白肉で幅広いお料理に使える「はるか」と、芽が浅く皮がむきやすいメークインのような形の「ピルカ」だそう。

●嘉見研究員のお話の中で印象的だったのは、「目まぐるしく変わるニーズやトレンドの中で、品種開発は十数年単位。トレンドの予測を立てて研究をしているが、実際のところ品種改良は100打席1安打くらいの世界で普及する品種を開発することはとても難しい」という言葉。


この度のセミナーを通じて、品種開発といものは、
生活者にとって食べて美味しい、
業務用として加工しやすい、
そして農家さんにとって病気に強く安定してたくさん収穫できるなど、
関わる様々な立場の人たちにとっての「良い」のために日々研究していらっしゃるということが良くわかりました。

野菜ソムリエとしてこういった情報も積極的に伝えていきたいものです。


セミナー終了後は、会場近くにある「サンドヰッチと季節のスープ ちどり」で交流会を開催。

短い時間でしたが、セミナーの感想やそれぞれの近況報告などを語り合い、楽しい時間を過ごしました。

d0122394_19375064.jpg

おまけ

実は個人的に前々からバレイショの花について気になっていたことがありました。それは…⇒「バレイショと同じナス科のトマトやナスは、品種が違っても花の色は大体同じなのに、バレイショの花は色どり豊かなのは何故?」

田宮研究員の見解では、バレイショの原産地のアンデス地方でも、原種に近いものがすでに色々な色の花が咲いているから、バレイショは花に変異が出やすいのかも?ということでした。

北海道の初夏に咲くジャガイモの花、品種ごとに特徴があって愛らしくて好きなのですが、いつかアンデスに咲くバレイショの花も見てみたいものです。

(広報担当:ハタセ)


[PR]
# by vfc-sapporo | 2017-04-26 09:07 | 活動報告 | Comments(0)

明日は「ポテトセミナー」&ニセコで越冬ジャガイモ堀りレポート

いよいよ明日は農研機構の研究員さんをお招きする「ポテトセミナー」ですね。

おかげ様で満席になりました。参加される方は学びの機会を活用して、日頃から頭の中にためておいたバレイショに関する疑問を解消しましょう!

d0122394_18182368.jpg

でも、その前に!

ニセコ在住でコミュニティ会員である佐竹さんの家庭菜園で行われたイベント、「Enjoy Snow Potato Digging in Niseko」の様子をフォトレポートとともにお伝えします。ちなみに佐竹さんの畑は家庭菜園という言葉からは想像がつかない広さなんです・・・!


Enjoy Snow Potato Digging、つまり雪のジャガ芋掘りを楽しむということですが、これは雪国ならではですね。

簡単に説明すると、北海道では8-9月に収穫したバレイショを晩秋にまた土の中に埋めて、雪の下で越冬させます。すると、バレイショが休眠状態になり、芽が伸びません。そして越冬したバレイショはでんぷん質が糖に変化し、と~っても甘くなります。

当日はニセコならでは、日本の他に5か国の参加者が集まり雪の下の“お宝探し”がスタート。

d0122394_17245001.jpg

「この支柱あたりにジャガイモが眠っています」と佐竹さん。お宝のヒントは支柱のみ!

d0122394_17245054.jpg

「さぁ~掘るぞ~」

d0122394_17245144.jpg

腰の辺りまで掘り進めると土が見えてきました。ここまででも結構大変だったのですが、昨年も参加した人たちは「去年の方が雪深くて大変だった!今年は楽だ!」とおっしゃていました。

d0122394_17245168.jpg

ちなみに全景だとこんな感じです。ニセコアンヌプリの雄大な景色!

d0122394_17245189.jpg

お宝発見!土の中のバレイショはまわりを藁(わら)で保護されていました。

d0122394_17245208.jpg

この写真で伝わるでしょうか…。品種は「レッドムーン」「キタアカリ」「インカのめざめ」「シャドークィーン」「キタカムイ」「はるか」「ノーザンルビー」「メークイン」など。
それから長﨑の二期作用バレイショ「レディJ®」をニセコで栽培してさらに越冬させたという珍しいのもありました!

「キタアカリ」「インカのめざめ」「シャドークイーン」「はるか」「ノーザンルビー」といった品種は、北海道農業研究センターで開発した品種です。

同じ環境で越冬させたバレイショですが、食べてみると甘味ののり方に随分差があることが分かりました。


4月12日のセミナーでは、北海道農業研究センター育成の特徴のある品種や最近の品種についてのお話から、ジャガイモシストセンチュウに抵抗性がある品種についてなど幅広く伺えます。

また、バレイショだけではなく、北海道農業研究センター生まれの野菜としてカボチャとタマネギのご紹介もしていただく予定です。お楽しみに!

ポテトセミナー
https://www.facebook.com/events/130588100799412/

(広報担当:ハタセ)


[PR]
# by vfc-sapporo | 2017-04-11 18:23 | 飛び出せ!YSCS広報部 | Comments(0)

~美肌ダイニングkei~ 五感がフルで楽しめる料理が満載

野菜ソムリエコミュニティ札幌の役員でもある坂下圭祐さんが営む「美肌ダイニングkei」に行きました。
店内至る所で食事と会話が弾む声が響く中、オーナー兼シェフの坂下さんは手際よく次々とメニューを作られていました。
d0122394_21100271.jpg
伺った時間はディナータイム。最初に「バリ麺シーザーサラダ」を選んでみました。油で揚げた冷麺と、ふんわり温泉タマゴをほぐし、サクサクトロリの食感と程よい酸味のドレシングは季節の野菜に相まって味覚も視覚も楽しめる前菜という印象でした。
d0122394_21104805.jpg
メインでお願いしたのは「彩り野菜寿司(とタレザンギ)の定食」keiと言えば野菜寿司というほど彩り鮮やかな野菜をネタに乗せたお寿司はエリンギ、ナス、カボチャ、ゴボウなど6貫と特製タレザンギ、小鉢、味噌汁、デザートと、黒を基調とした器の上に野菜・果物の優しく鮮やかな色が映えます。
d0122394_21113106.jpg

どれだけの野菜寿司が作れるか尋ねると「15種類以上は作れますが彩りとバランスを常に考えて提供しています」と常に野菜の色にこだわる所は野菜ソムリエproとしての彼のスタイルなのかなと思いました。
d0122394_21121669.jpg
最後に頂いたのは「白ごまのプリン」風味もまろやかでスルッと喉越しも優しい甘さでトッピングのキウイと白ごまの粒の感触も楽しめて、思わず「コレ作ってみたい!」と言ってしまうほどレシピが気になりました。その他にも女性には気になる美肌に繋がるメニューも沢山ありました。
d0122394_21125634.jpg
東京や北海道内の和食店で修業を重ね2015年に江別で創作料理の店をオープンして以来、地元に愛されるお店づくりをされている坂下圭祐さん、スタッフと共に素敵な時間の提供、これからもよろしくお願いしますね。

投稿:高橋良一 (野菜ソムリエpro)




[PR]
# by vfc-sapporo | 2017-04-01 21:26 | 役員のしごと | Comments(0)

【第6回 野菜ソムリエアワード地区選考 北海道・東北】

野菜ソムリエを社会のインフラにする事をめざしての実践を報告する野菜ソムリエアワードの 北海道・東北地区予選が3月19日(日)札幌市内で開催されました。
d0122394_21453246.jpg

札幌での開催は昨年に引き続き2回目、東北地区との共同開催は初の試み。それぞれが地域や生活者に寄り添い野菜や果物の魅力を様々な角度から伝えてきたことをプレゼンテーションをしました。
d0122394_22080733.jpg

野菜ソムリエ部門では、青果物ブランディング、ベジフルフラワー、自治体との共存、六次化プランニングからの商品プロデュース・・・【野菜ソムリエから野菜ソムリエプロ】【シニア野菜ソムリエから野菜ソムリエ上級プロ】へと名称変更となった初年度のプレゼンテーションは、会場の空気も緊張感が走る内容となりました。

コミュニティ部門では、独自の農園で育てた野菜を提供、生産者と生活者とをつなぐ活動、野菜摂取量を上げていくための生活者へのPR活動と、自分たちの所属するコミュニティ以外の活動の気になる部分は発見しようと真剣なまなざしが発表者に注がれていきました。
d0122394_22105322.jpg

詳しい結果発表は日本野菜ソムリエ協会のHPを ご参照願います。

その後の交流会も素敵な料理を交えての和やかな時間となりました。
d0122394_22120787.jpg

野菜ソムリエという共通言語の中で、世代や地域や文化が違っていても進むべき方向は同じですから限られた時間の中でも至る所で情報交換やコミュニケーションがなされていた様です。
d0122394_22132508.jpg

北海道開催で地区選考もそろそろ終盤、4月の本選に出場される皆さん、体調管理と伝えるべき内容しっかりと、さらなる飛躍をご期待申し上げます。

投稿:高橋良一 (野菜ソムリエpro)

[PR]
# by vfc-sapporo | 2017-03-19 22:19 | 活動報告 | Comments(0)

野菜好きにはたまらないカフェ「ちどり」の店長へ話を聞きました

野菜ソムリエコミュニティ札幌の中でいま一番ホットなお店、それは、サンドヰッチと季節のスープの店「ちどり」。
ホットな理由は、スープの店だから…はもちろんですが、それだけではなく、野菜が美味しいんです!

今回は店長で野菜ソムリエプロの南川千春さんにお話をお聞きしました。

― こんにちは!今日はよろしくお願いします!

ちどり店長 南川さん(以下南川さん)「よろしくお願します」

― さっそくですが、ちどりは今年になってオープンされたんですよね?

南川さん「はい、オープンは2017年1月4日です」

― 可愛らしい店名だと思ったのですが、何か由来はありますか?

南川さん「何かモチーフが欲しかったのですが、ちどり柄が好きだったのと、千、取り(鳥)なんて意味合いがあり、商売をするのにちょうど良いと思ったからです」

― なるほど~。ちどりは店名だけでなく、内装も可愛らしいですよね。南川店長のこだわりポイントは?

南川さん「誰もがおしゃれな喫茶店で思い描くお店にしたかったのです。木を基調とした落ち着く空間に、色とりどりの食器を使って色彩豊かな野菜をイメージしてほしいと思いました。」

カウンターに並ぶル・クルーゼのミニガーデンシリーズやミニ・ココットシリーズ。眺めているだけで楽しい!

― そもそも、南川さんが「野菜ソムリエ」になろうと思ったきっかけは何だったのですか?

南川さん「二十代前半から野菜好きだったのもあり、野菜ソムリエの存在は知っていてずっと気になってました。
それで飲食店を始めるにあたって資格取得を決断をしました」

― 野菜ソムリエになって心境が変わったことはありますか?

南川さん「皆さんに野菜の良さを知ってもらうことや、食べてもらうことにに喜びを感じるようになりました。」

― それは私も同感です!飲食店をやっている南川さんなら野菜ソムリエの知識も活かせるし、尚更そう思いますよね。

南川さん「そうですね。特に栄養の面でどうやって効率よく摂取してもらうか、美味しく食べてもらうかということについては、野菜ソムリエの知識はかなり役立っています」

― サンドイッチとスープのお店にしたのも、そういう思いからですか?

南川さん「はい、野菜が主役になる料理を提供したいという思いがあったからです。また、スープはたくさんの野菜を食べる事が出来る料理だったので。」

4月12日の「ポテトセミナー」(野菜ソムリエコミュニティ札幌主催)終了後、ちどりでプチ交流会をやる予定です。

― 交流会は午後3時半からで、ちょうどティータイムの時間帯ですが、ティータイムのオススメはありますか?

南川さん「コブラーです!」

― コブラ―?初めて聞く名前ですが、それは何ですか?

南川さん「スイーツです。お店をやるにあたり色々とカフェ巡りをしてきましたが、そこで初めてコブラーを食べていたく感動しました!ぜひうちでもやりたいと。旬の果物を使って、さらにクッキー生地は全粒粉で作っているので香ばしくて、果物と相性抜群です!」

― 旬の果物に全粒粉のクッキー…こ、これは絶対に美味しいやつです!聞いただけで、口からよだれが出ちゃう…!

南川さん「ティータイムコブラーをご注文くださった方は、ドリンクどれでも200円でご提供しますよ」

― なんとお得な!

南川さん「コーヒーはネルドリップで淹れる本格コーヒーで、紅茶も、かなりこだわって選んでいます」

南川さんは、お店を始める前はカフェで修業していました。スープやサンドイッチだけでなく、ティータイムも期待がもてます。

― 最後に、これからの展開は…?

南川さん「豪華なフルーツ盛り盛りのフレンチトーストを始める予定です!」

そ、それも間違いなく美味しいやつだ…!
よし、4月12日(水)の交流会は「コブラ―&コーヒー」、次に「フルーツ盛り盛りのフレンチトースト&紅茶」を攻めるぞ!と心に決める広報担当ハタセでした。

南川店長、お話を聞かせていただき、また写真のご提供もありがとうございました。


関連URL(1):野菜ソムリエコミュニティ主催【ポテトセミナー】農研機構の研究員にタネイモの話を聞こう

  • 日にち:2017年4月12日
  • 時間:(セミナー)13:30-15:30、(交流会@ちどり)15:40~17:00
  • セミナー参加料:コミュニティ会員は800円、非会員は1,000円
  • 交流会のみの参加も受け付けます
  • 申込方法やその他詳細は上記リンク先のページをご覧ください

関連URL(2):サンドヰッチと季節のスープちどり インスタグラム


[PR]
# by vfc-sapporo | 2017-03-16 14:41 | 飛び出せ!YSCS広報部 | Comments(0)