ブログトップ

野菜ソムリエコミュニティ 札幌

vfcsapporo.exblog.jp

北海道の伝統野菜の勉強会

9月10日に「北海道の伝統野菜の勉強会」を開催しました。
d0122394_00492161.jpg

講師は、野菜ソムリエ講座でも講師を務められている渡辺農事株式会社の安達先生です。

他の都府県では、伝統野菜として認定を行ったりしていますが、北海道ではJAさっぽろが札幌伝統野菜として栽培・普及を進めている他、味の箱舟に4品目が登録されています。

※味の箱舟とは、各地方の伝統的かつ固有な在来品種や加工食品、伝統漁法による魚介類などのなかには、このままでは消えてしまうかもしれない、小さな生産者による希少な食材がたくさんあります。こうした食材を世界共通のガイドラインで選定し、様々な支援策によって、その生産や消費を守り、地域における食の多様性を守ろうというものです。
1996年に設立され、現在世界中で903を越える動物、果物、野菜の品種と加工食品などが「味の箱舟=アルカ」認定され、良質な食材の調達、販売促進に興味のある人への情報提供に繋がっています。
(スローフードフレンズ北海道HPより)

今回は、味の箱舟に認定されている野菜4品目を中心にお話いただきました。

ちなみに現在、味の箱舟に認定されている野菜は、「札幌黄タマネギ」「札幌大球キャベツ」「八列トウモロコシ」「まさかりカボチャ」の4品目です。

伝統野菜がどうして作られなくなってきたのか、タネ・種子のお話、在来種と固定種のお話などもしていただきました。

伝統野菜の勉強会の後は、企画担当役員の高橋淳一さんが塩茹でしてくれたサッポロミドリという枝豆を食べながらの交流会。
d0122394_00554045.jpg
札幌黄はお土産でいただきました。

今期も来月のイベントを残すのみになりました。

来月は札幌大球のイベントを予定しています。





[PR]
by vfc-sapporo | 2017-10-25 00:57 | 活動報告 | Comments(0)
<< 活動報告/野菜ソムリエコミュニ... 活動報告/高級ぶどう食べくらべ... >>