ブログトップ

野菜ソムリエコミュニティ 札幌

vfcsapporo.exblog.jp

8月1日(土)「新顔野菜を育ててみよう」第4回

高温、適度な雨で野菜たちが大きく育った7月、8月の作業はいそがしいぞ!


ということで、今回は大きく育った落花生、サツマイモの手入れを重点的に行います。

落花生の手入れ 土寄せと雨風対策 
落花生の花がたくさん咲き始めました。花が咲き終わると子房柄というヒモ状のものが伸びて土にもぐり鞘を作ります。そこで株元に土を寄せて鞘を作り易いようにしました。枝葉もずいぶん大きくなりましたが、最近の強い雨風で枝が地面まで大きく垂れ下がっているものもあります。この状態では花が咲いても子房柄ができず実も付かないので持ち上げ枝全体をポリテープで緩く結ぶことにしました。参加者全員で作業し、20株すべて完了。これで実の詰まった鞘がたくさんできると思います!

d0122394_14444162.jpg

サツマイモはつる返し 
どうです このサツマイモの育ちぐあい!左隣の豆との通路が無くなってしまいました。 肥料は入れていないんですが前作の肥料で十分この育ち方なんです。土に窒素が多いと「つるぼけ」と言ってつるが伸び過ぎ、芋に行く養分が少なくなり芋が大きくならないのでみんなで散髪、いやつるを剪定鋏でカットしました。実はこの作業、多すぎる葉を取除く以外にもう一つ大きな意味があるんです、それが「つる返し」。サツマイモは葉の付け根から根が出て芋を作り始めるので根付き始めたつるをひっくり返して元々の芋だけを大きくします。

d0122394_14491311.jpg

切り取ったつるは捨てないで食べるんです 
サツマイモのつるは栄養価が高くシャキシャキした食感。アクも少なくて使いやすい食材です。太いつるは硬いので若い部分やつるの先端の柔らかい部分を使います。きんぴら、佃煮、炒めもの、酢の物、本当に美味しいです。参加のみなさんもチョキチョキ切り取って持ち帰りました。どんな料理に変身するのか楽しみです。

d0122394_14505823.jpg

畑全景です

写真右側からズッキーニ、トマト、ジャガイモ、落花生、支柱にのぼる豆たち、うっそうとしてきました。

d0122394_14515111.jpg

今日の新顔野菜たち、どんどん生長しています!

オクラとヤーコン

オクラはビニールの囲いの天井に届く勢い、その手前のヤーコンも負けずに大きくなり、芋もきっと美味しく育っていると思います。

d0122394_14535482.jpg

ゴマ 
前回の2倍くらいになりました。間もなく花をたくさんつけてきますよ。
d0122394_14544006.jpg

そしてズッキーニ  
6つの新顔野菜で最初の収穫はこのズッキーニ。7月24日から採れ始め、今日の3本を入れて14本の収穫。4株ありますが割と順調に採れています。ズッキーニはカボチャの仲間なので茎の生長は速く、これをまっすぐ垂直に育ててあげないと生長が止まり収穫も期待できません。

d0122394_14560923.jpg

作業が一段落、他の野菜たちをみんなで収穫しました


まずタマネギの収穫

60個ほど植え順調に育っているタマネギ。今年はさつおうとイコルを栽培。皆さんに一人1個だけ採ってもいいですよと宣言。北海道のタマネギは葉が倒れ生長が止まってから収穫するのですが今回は特別に本州並みに新タマネギとして食べてもらうことにしました。

d0122394_14571063.jpg

きゅうりも収穫

ここ拓北の畑ではずっと「地這いきゅうり」を育てています。今年はいろいろたくさん育てているので地這きゅうりを支柱に誘引して育てることにしました。収穫は順調です。

d0122394_14574838.jpg

ナスもピーマンも・・・・

d0122394_14584141.jpg

収穫したものはみんなで山分けです

たくさんは採れませんでしたが仲良く分けてお土産です。

d0122394_14594030.jpg

今回もみんなでハイ・チーズ!
d0122394_15000985.jpg

恒例のランチ交流はいつものお店で

あいの里教育大駅前の「手風琴」さん、創業30年のあいの里の老舗です。

d0122394_15004715.jpg
(投稿:役員 高橋淳一)



[PR]
by vfc-sapporo | 2015-08-18 15:17 | 活動報告 | Comments(0)
<< 「八百屋さんを知ろう」 8月8... 野菜の日マルシェの事前準備を行... >>