ブログトップ

野菜ソムリエコミュニティ 札幌

vfcsapporo.exblog.jp

【活動報告】私をブロッコリー畑に連れてって 第一章

畑ツアー2013in江別
私をブロッコリー畑に連れてって
~第一章 ハートの気持ちに触れてみる♪~

さて、今年も始まりました、畑ツアー。
今年度は江別市にご協力いただき、江別が道内ナンバーワン産地であるブロッコリーをテーマに実施します。

一回目である第一章は、恒例となった勉強会から始まり、育苗施設の見学を実施しました。

4/21(日)、天候にも恵まれて、楽しい一日の始まりです。



d0122394_1222743.jpg
まず最初は、JR野幌駅近隣にある野幌公民館を会場にブロッコリーのお勉強です。

d0122394_122374.jpg
第二章では、ナンバーワン出荷団体、野幌緑菜(ぐりーんな)倶楽部の方々にお世話になる予定です。(会場では野幌緑菜倶楽部のポスターを掲載させていただきました)

d0122394_1224563.jpg
石狩農業改良普及センターの方に講師をお願いして、2時間弱、みっちりとブロッコリーのことを学びました。
皆さん、ブロッコリーがこれだけ作られるようになったきっかけの品種、なんだかご存知ですか?
そんな「へー」な知識もところどころに織り交ぜていただきました。

d0122394_1225398.jpg
昼食は、会場を移り、江別の名店、北海道が認定する「北のめぐみ・愛食レストラン」でもある、
和食や・花あかりです。
これらメニューのほかに、江別の小麦・ハルユタカを使用したうどんと、デザートが付きました。
今回は、地元・江別の素材をふんだんに利用したメニューだったんですよ。

d0122394_123090.jpg
皆さんに、うどんを中心とした江別産食材の料理を楽しんでいただきました。
また、昨年に引き続き、キリンビールマーケティングさんにご協力いただき、ノンアルコールビールテイスト飲料・「フリー」も試飲させていただいております。

d0122394_123761.jpg
江別の食材でおなかを満たした後は、いよいよ育苗施設でもある、フラワーテクニカえべつへ。
まずは、所長から、施設の設立経緯などを伺います。

d0122394_1231363.jpg
いくつかある育苗施設の一つにお邪魔しました。
奥の方まで数え切れないほどの、一面のブロッコリーの苗の絨毯!
この育苗施設が、江別がナンバーワン産地であることを支えています。

d0122394_1231985.jpg
コンピュータ制御されてかん水や温度調節も行われていますが、そんな中でも職員の方々の苦労は、日の出から日の入りまでという天候に合わせた生活だそうです。
農業はお天道様とともにあり、ですね。

d0122394_1232625.jpg
江別のブロッコリーとしては、サマーポイントが有名ですが、時期はもうちょっとあと。
今はピクセルが中心だそうです。
こちらの苗は、「おはよう」という品種。午前中の講義では名前の来歴についても伺いましたよ。

d0122394_1233334.jpg
帰り際には開催にご協力いただいた江別市から、参加の皆さんにこんなお土産が・・・。
紙袋は、江別の特産の小麦の麦稈からつくった特注品です。
なかには江別をより知っていただく資料のほか、江別で畑から製粉、製麺までされた、江別小麦麺をお土産にいただきました。




参加した皆さん、いかがでしたか?
皆さんには、育苗施設で育てていただいた「ピクセル」の苗をお土産に持ちかえっていただきました。

ブロッコリーは双葉がでると「ハート」が2つ並んだ感じでかわいらしいんですよね。
そんな、ブロッコリーの愛情を感じながら、育てていただきたいと思っています。

さて、次回の第二章は、9月上旬を予定しています。
ブロッコリー生産の最盛期の時期に、とある施設の見学や、ブロッコリーのフルコースなど、そんなことを予定しています。
お楽しみに♪
[PR]
by vfc-sapporo | 2013-04-22 01:51 | 活動報告 | Comments(0)
<< 【企画案内】やってみよう!「苗... 【続・企画案内】私をブロッコリ... >>