ブログトップ

野菜ソムリエコミュニティ 札幌

vfcsapporo.exblog.jp

畑ツアー2011in栗山 第三章

2011年 畑ツアーin栗山
私をタマネギ畑に連れてって
~第三章 たまねぎってどんな味?~

11月3日(木・祝)。
とても晴天に恵まれたこの日、今シーズン最後の畑ツアーを実施しました。

第一章で苗の味を、第二章では花の味を確かめてきた、今回の畑ツアー。
いよいよ最終章の第三章にて、タマネギそのものを味わいます。

今回の企画も、(サイズを落としていますが)画像盛りだくさんで報告させていただきます。




d0122394_21155827.jpg今回は集合後最初に向かったのは植物育種研究所の倉庫です。
説明していただくのは、今回のツアーを通してお世話になっているタマネギ博士の岡本さん。
いろんな品種を集めた倉庫の中で、タマネギについて教えていただいています。


d0122394_21161447.jpg植物育種研究所といえば、やはり、「さらさらレッド」です。
生産者の方々が収穫されてコンテナに入れられて選別のときを待っています。


d0122394_21163898.jpg第二章で食べさせていただいた花はその後結実して乾燥保存されていました。


d0122394_21165354.jpg特別に見学させていただいた選別のようす。
コンテナの中にあったタマネギたちは、上の葉と下の根を切り落として選別します。


d0122394_2117482.jpg選別されるときにサイズ分けされる木枠。
この各穴を通るかどうかでサイズがわかります。


d0122394_21171293.jpgサイズ分けされたさらさらレッドたち。
出荷のときを待ちわびています。


d0122394_21172142.jpgこちらでは、さらさらレッド以外にも、札幌黄の血をひくこんな品種も手がけています。


d0122394_21173198.jpg倉庫と選別場をあとにして向かったのは、現在のタマネギ畑。
土作りにこだわる栽培の一環として、収穫後に緑肥としてえん麦を育てています。
そばに寄ると甘いような香りが・・・。米ぬかがまかれていました。
土づくりにかける想い生産者の中島さんが、この場で語ってくれました。


d0122394_2117403.jpg最終章でいただくのは、タマネギコースのランチ。
レストラン アリスにて、みんなでさらさらレッドをふんだんに使ったランチをいただきました。


d0122394_21175031.jpgオニオンスライスを使用したマリネ。


d0122394_21175970.jpg輪切りのステーキや、中をくりぬいて丸まんま一個など、すべての料理にさらさらレッドが使われています。一見目立たないカボチャ料理にも上にはさらさらレッドが・・・。


d0122394_21181215.jpg〆の一品は、さらさらレッドのコンポートです。


d0122394_21182677.jpgもちろんお土産にもさらさらレッド。
皆さんどのように食べられたのか感想をお待ちしていますね。


d0122394_2118367.jpgさらに今回はもう少しお土産が・・・。
中島さんちのタマネギ2種と、秋の風情を感じるいが付きのクリです。
手前のタマネギは「純心」。業務用品種で大型のタマネギです。
奥のタマネギが第一章でみんなで苗で食べた品種「T-832」。札幌黄系の新品種でまだ名前がついていません。
たっぷりのお土産付きで、すっかり帰り道の荷物は重くなりましたね。




今回も、岡本博士や生産者の中島さんにとてもお世話になりました。
第一章から継続して参加していただいた方には、生育段階におけるタマネギの味の変化を楽しんでいただけたでしょうか。
皆さんが、よりタマネギ通になっていただけたと思っています。

このツアーを通してお世話になった、タマネギをかかわる方々。
ぜひ、来年も体験していただける機会があると思いますので、
継続的に栗山のタマネギに触れてみてくださいね。

今回で、今年度の役員の最終企画となりました。
次年度も、また何かしらの畑ツアーを企画予定ですので、
皆さんの参加をお待ちしております。
[PR]
by vfc-sapporo | 2011-11-03 23:03 | 活動報告 | Comments(0)
<< 第8回役員会 「畑ツアー2011in栗山 第... >>