ブログトップ

野菜ソムリエコミュニティ 札幌

vfcsapporo.exblog.jp

生産者さん訪問第2弾「有機栽培の大塚ふぁーむさん見学会」

★第11期の活動報告です★とっても遅くなりましたm(__)m


9月24日(日) 生産者さん訪問第2弾「有機栽培の大塚ふぁーむさん見学会」が開催されました。

今回訪問した大塚ふぁーむさんは私の住んでいる江別市の隣り、温泉たっぷの湯がある新篠津村の開墾100年を超える大規模有機栽培の農家さんです。

葉物、果菜、根菜、豆、ハーブ、水稲と幅広い作付け、加工品も有機野菜から作ったプリン、スープ、ラスク、ソース、干し芋などと本当に大規模に有機で頑張っています。

農業体験、施設見学なども積極的に受け入れ、有機栽培を多くの人に知って頂くための活動も含め、ご両親、若手ご夫婦、一緒に働く皆さんと取組み、日本農業賞、農林水産大臣賞、農林漁業振興会会長賞・輝く女性特別賞など多くの賞も受賞しています。

以前から気になっていた大塚ふぁーむさんへの訪問を心待ちにしていましたが、

見学日前夜は、雷を伴う大雨で開催が危ぶまれ心配しました。

しかし、当日は信じられないほどの爽やかな晴天に恵まれました♫

大塚ふぁーむさんの素敵なお嫁さんのナビゲートで、畑を一周し有機農作物をレクチャーしていただきました。

加工品売り場には有機野菜でできたわんちゃんのおやつと名物の干し芋をお土産に購入しました。


見学後は、たっぷの湯にてランチ交流会を実施し、コミュニティ札幌会員さんで新篠津の生産者さん黒壁さんの畑へお邪魔し、楽しいご主人の指導の下で立派に育った白菜の収穫体験もさせていただきました。    (投稿:竹居田 尚子)


d0122394_14201788.jpg


[PR]
# by vfc-sapporo | 2018-01-23 14:45 | 活動報告 | Comments(0)

北海道民の野菜摂取量は少ない ~平成28年 国民健康・栄養調査より~ 



厚生労働省【平成28年 国民健康・栄養調査】によると北海道民の野菜摂取量は男性1日276gで全国35位、女性は1日280gで13位。食塩摂取量は男性が1日に10,7g 女性が9,1gで厚生労働省が定めた目標値「男性8g未満、女性7g未満」を超える。北海道民の食は野菜が少なく塩分が多いという事になる。ちなみに野菜の摂取量が日本一なのは長野県で男性352g、女性335g。全国平均の男性284g 女性270gを超えている。
d0122394_21155534.jpg

「1日に野菜を350g以上食べましょう」と言われている昨今、なぜ(成人が)野菜を1日350g以上摂取する必要があるのか??
d0122394_21181602.jpg

野菜は食物繊維やビタミンC、カルシウムなどの 人体に必要な栄養素や 老化を防ぐ抗酸化作用を持つ成分を含む。国は2000年に始めた国民健康づくり運動「健康日本21」で、これらの成分を大人が必要な分だけ取り込むための野菜の1日の野菜の摂取量を350g以上と定めた
d0122394_21194353.jpg

野菜の摂取は循環器疾患や ガン予防などにも効果的に働くと考えられるとして健康増進の中心ともいえる。「冬の時期は野菜が高い」とか「1日350g食べるのは難しい」と聞こえてくるのも現実ですが少しの工夫で それもクリアーできるはづ。日に日に増してくる寒さも春に向けて乗り越えていきましょう
d0122394_21210990.jpg

参考資料:「平成28年 国民健康・栄養調査(厚生労働省)」「北海道新聞 2017年12月12日」より

投稿:高橋 良一 (野菜ソムリエpro)



[PR]
# by vfc-sapporo | 2017-12-15 21:45 | Comments(0)

日本で一番長いコミュニティ企画「札幌大球をフルコースを食べよう」~食べる編~

6月の種まきから始まって概ね170日が経過(その件に関しては~育てる編~を参照願います)、札幌大球をフルコースで食べる日の11月19日(日)の江別市は朝から湿った雪が降り積もる悪天候。
d0122394_19184712.jpg


足元が悪い状況にも関わらず会場となった「美肌ダイニングkei」は満席。コミュニティ副代表の高橋淳一さんの札幌大球のミニ講座から始まり生産者の高橋良一さんの札幌大球にまつわる話へと進む内に keiのオーナーシェフでコミュニティ役員&野菜ソムリエプロの坂下圭祐さんのフルコースが始まりました。
d0122394_19255390.jpg
d0122394_19330257.jpg
とろっと和風な蒸し料理の中に一口サイズのロールキャベツはモチモチとした食感で胃にも優しい
d0122394_19380391.jpg
keiの人気メニュー「野菜寿司」いつもは握りずしの形ですが今回はキャベツを海苔の様に扱った巻物の上にオクラなどをあしらった特別メニュー。プロフェッショナルな発想に参加者の反応は大きかった。
d0122394_19450068.jpg
札幌大球の特徴の一つに「芯がが握りこぶし並みに大きいが芯の近くまで甘みがある」それを活かした料理のひとつ
d0122394_19454458.jpg
一件、普通のせいろ蒸しに見えますが底の部分にキャベツの葉一枚が敷かれていて他の野菜を優しく包み込む「懐の深さを表現」・・・かな??
d0122394_19540311.jpg
今回の料理は茹でたキャベツをミキサーに濾して抽出したエキスを使った料理も披露「わらびもち」もその一つ。他に乾燥させてブレンドした「ほうじ茶」もありました。
d0122394_20014267.jpg
今回使用したキャベツは14kg、17名分の料理を使うのに芯の部分まですべて使い切った坂下シェフ「普通のキャベツより葉っぱ一枚に厚みがあり細かい調理をするのには苦労しました」とのこと。確かに今回の料理は「和」の世界にも通じるほどの繊細な料理ばかり、目で楽しんでから口に運んで楽しむまで満足できる時間でした。
d0122394_20123101.jpg
種を播いてから口に運ぶまで170日を超える野菜ソムリエコミュニティ札幌の活動、これにて終了。
皆様お疲れ様でした^-^/




[PR]
# by vfc-sapporo | 2017-12-03 09:15 | 活動報告 | Comments(0)

日本で一番長いコミュニティ企画「札幌大球をフルコースで食べよう」~育てる編~

野菜ソムリエコミュニティ札幌2017年最後のイベント「札幌大球をフルコースで食べよう」が11月19日(日)に開催されました・・・のですが、その前に今回はそのキャベツが、どうやって育ってきたか「育てる編」のご紹介。なぜなら育てたのもコミュニティ役員の高橋良一さんですので、しばしのお付き合いを
d0122394_22105392.jpg
「札幌大球」は明治の時代、外国から導入された品種「レート・フラット・ダッチ」に「アーリーサマー」や「パンダゴー」が交雑したものの中から選抜固定し北海道に訓化したキャベツ(参考:野口種苗研究所)
d0122394_17140897.jpg
昭和の時代には「ニシン漬け」や「飯寿司」など冬の間の野菜の少ない頃の保存食の為に家庭それぞれが漬物を作る時代には引き合いの多かった札幌大球も、衣食住の環境、家族構成や食文化の変化と共に需要が減り、生産者も指折り数える位にまで減少を続けています。
d0122394_17250714.jpg
生産者で野菜ソムリエプロの高橋良一さんの畑では毎年3000株程度を育て、大半を市場への出荷しています。
d0122394_17275513.jpg
今年の作柄は、種まきの頃の6月の低温、7月から8月までは概ね順調だったものの9月の長雨と日照不足が影響し10月の入っても挽回できないまま収穫時を迎え、一番大きいもので14kg、例年であれば10kg超えるものが半分を占める中で、今年は9kg前後で成熟するもが多くキャベツにとっては受難のシーズンでした。
d0122394_17462565.jpg
一般的なキャベツは種を播いてから90~120日程度で収獲すが札幌大球の場合は150日以上かかり、時間をかけて雪の降る手前で収穫するので「大きい」というインパクトがありながら、コールスローサラダの様に刻んでも食べやすく、ロールキャベツなどの蒸し料理にしても葉が破れにくくほんのり甘みも感じられる万能ともいえるキャベツです。

「食べる編」へ続く



[PR]
# by vfc-sapporo | 2017-12-02 18:05 | 活動報告 | Comments(0)

【活動報告】8月26日開催 ルスツ朝採れ野菜を農家さんが直売「野菜の日チカホマルシェ」

少しだけ、いやかなり前のイベントですが、振り返ってご報告いたします。


野菜ソムリエコミュニティ札幌では、2017年8月26日(土)に、JR札幌駅から大通公園駅まで伸びる地下歩行空間で、留寿都村の若手農家さん
が野菜を直売する、「野菜の日チカホマルシェ」を開催いたしました。


d0122394_16482995.jpg


今年、8月31日の「ヤ・サ・イ」の日は、あいにく平日でしたので、広く一般の生活者の皆様が参加できるよう、直前の土曜日の開催になりました。参加してくださった農家さんは2軒。よしかわファームさんと、石崎農園さんです。新規就農から2年目と1年目の若い農家さんですが、熱意と作る野菜は一流です。この日は、早朝から収穫作業を始めてくださり、野菜をぎゅうぎゅうに詰め込んだ車で、昼の札幌まで来てくれました。


よしかわファームさんは、手掘りの新じゃが3種(キタアカリ、とうや、レッドアンデス)の量り売り、石崎農園さんは、岩内町の海洋深層水で育てた塩トマトと朝もぎ木なり完熟のミニトマトをメインで販売しました。他にも、スイートコーン、大根、白菜、人参、ブロッコリーなど、留寿都村の美味しい野菜も持って来てくれました。


d0122394_16494609.jpg

野菜ソムリエ側は、野菜が主役の健康料理でお馴染みの美肌ダイニングkeiの坂下シェフ、日本野菜ソムリエ協会の公認ベジフルライターで福陽ブログでご活躍中の福島さんが、ルスツ野菜を美味しく食べられるレシピを考案。レシピカードを無料配布しました。当日参加できた野菜ソムリエは、あらかじめ頭に叩き込んでおいたルスツ野菜の特徴を、いつでも説明できるようにスタンバイしています。


販売開始は、午後1時。農家さんとコミュニティのスタッフが、慌ただしく棚に野菜を並べていると、まだ開始前だというのに、ぎゅっと財布を握りしめたお客さん達がすでに待っているではありませんか。見るからに美味しそうなルスツ野菜。目の肥えたおば様生活者の皆さんにも、新鮮そのものの朝採れ野菜の特別さは伝わっているようでした。


d0122394_16485588.jpg


照れながら始めたカウントダウンのあと、販売を開始しました。きれいに並べられた野菜が、飛ぶように売れていきます。ぎこちないお会計が追いつかないほどのペースに、私たち一同、パニックになりながらも、楽しくてしょうがありません。


この日、よしかわファームさんは90kgの新じゃが、石崎農園さんは50kgのミニトマトという、ものすごい量を持って来てくれていました。「本当にこんなに売れるの?」内心、そう不安に思いながらも、農家さんが生活者さんに商品を直接紹介しながら、野菜ソムリエが野菜の品質の良さや美味しい食べ方を説明しながら、しっかり売り込みました。この日実現した、奇跡のチームワークによって、見事に全ての野菜を午後5時の終了時間までに売り切ることができました。


最終的な売上は、参加農家さんの目標を上回り、販売としても大成功のイベントになりました。でも、それと同じぐらいに、農家さんにとっては、日ごろの地道な農作業の積み重ねでできた商品を、目の前で生活者さんが喜んで買ってくれたこと。野菜ソムリエは、生活者の皆さんとフェイスtoフェイスで、日ごろから蓄えた野菜の美味しさの知識を伝えることができたこと。これは、なかなか得ることができない、本当に貴重な体験であったと思います。


d0122394_16493023.jpg


筆者の鈴木の個人的な想いですが、野菜ソムリエという資格は、持っているだけでは何もしてくれません。日ごろから新しいトレンドにアンテナを張って、どんどん農家さんや最前線で活躍される方たちとのネットワークを作って、自分を成長させておいて、今回のような機会をフル活用して外に出て生活者さんと接する。これこそが、野菜ソムリエという1つの生き方を選んだ私達らしい楽しみ方ではないでしょうか。


コミュニティ札幌の活動は、まさにこの外との接点を生み出すことを目指しています。仕事のため、趣味のため、野菜ソムリエを取得した目的は人それぞれですが、関わった多くの方たち、みんなが笑顔になって、少しだけ野菜が好きになってくれる。それだけでも、頑張って勉強して資格をとった甲斐があったというものです。


私たちコミュニティ札幌は、会員の皆さんの益々の成長と、農家さんや生活者さんの笑顔のために来期も活動してまいります。活動にご興味がある方は、ぜひ一緒に楽しんでいきましょう。






[PR]
# by vfc-sapporo | 2017-11-30 16:56 | 活動報告 | Comments(0)